外部連携に失敗するときは、何を確認すればよいですか?

外部連携(API連携、CSV連携)で連携に失敗した場合の確認事項について、説明します。

 

連携処理に失敗する場合

連携処理に失敗する場合は、次の事項をご確認ください。

 

  • 連携設定は完了しているか
    こちらの一覧から連携したいサービスの記事を確認し、連携設定が完了していることをご確認ください。

     

  • WebAPI制限時間帯に連携していないか
    以下の制限時間帯ではAPI連携できません。
    制限時間帯 8:30~10:00 / 17:30~18:30

 

従業員連携に失敗する場合

従業員連携に失敗する場合は、次の事項をご確認ください。

 

  • 本システムと連携サービスで「従業員コード」は一致しているか
    多くの連携サービスでは、「従業員コード」によって従業員データをマッチングしています。「従業員コード」が一致していることをご確認ください。

     

  • 該当従業員は「入社前」または「退職後」ではないか
    連携サービスによっては、入社前 / 退職後 の従業員は連携対象外となります。本システムで従業員に「入社日」や「退職日」を設定している場合、連携時点で 入社前 / 退職後 ではないことをご確認ください。
    ※ 入社前 / 退職後 の場合、「入社日」や「退職日」を削除することで連携可能です。

     

    入社前 / 退職後 の従業員が連携対象外であるサービス例
    SmartHR:「入社日」が未来日、または「退職日」が過去日の従業員は、連携連携対象外です。

     

勤怠データ連携に失敗する場合

勤怠データ連携に失敗する場合は、次の事項をご確認ください。

 

  • 該当従業員は「入社前」または「退職後」ではないか
    連携サービスによっては、入社前 / 退職後 の勤怠データは連携対象外となります。本システムで従業員に「入社日」や「退職日」を設定している場合、連携時点で 入社前 / 退職後 ではないことをご確認ください。
    ※ 入社前 / 退職後 の場合、「入社日」や「退職日」を削除することで連携可能です。

     

    入社前 / 退職後 の勤怠データが連携対象外であるサービス例
    マネーフォワードクラウド給与:退職後の勤怠データは連携対象外です。月の途中で従業員が退職した場合は、データ連携後に「退職日」を登録してください。

     

  • 一部の項目が連携されない場合、該当項目の連携設定を行っているか
    一部の項目では、追加の連携設定が必要な場合があります。こちらを参照し、対象サービスの連携設定をご確認ください。

     

  • 本システムと連携サービスで「項目数」や「項目順」が一致しているか
    CSV連携では、「項目数」と「項目順」が一致していないと連携エラーになることがあります。連携サービスのCSVレイアウトにあわせて、本システムでCSVレイアウトを作成してください。

     

    「項目数」や「項目順」が一致していないと連携エラーになるサービス例
    PCA給与DX:PCA給与にインポートする項目、順序が定められています。

     

  • 連携データに半角スペースや全角スペースが入ってしまっていないか
    CSV連携では、不要なスペースが原因で連携エラーになることがあります。テキストエディタなどで連携データを開き、不要なスペースが入ってしまっていないかご確認ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています