クライアントアプリケーションをサイレントインストールするにはどうすればよいですか?

コマンドプロンプトにて、セットアップファイルを保存したフォルダのパスを指定し、以下の引数にて実行してください。

 

64bit:KotslSetupX64.exe /quiet

32bit:KotslSetupX86.exe /quiet

 

認証機能のON/OFF指定について

サイレントインストール時も、以下の引数を加えていただければ認証機能のON/OFFを指定したインストールが可能です。

※特に引数を加えない場合は認証機能ONの状態でインストールされます。

 

(認証機能をONでインストールする場合) CpEnabledCheckbox=1

(認証機能をOFFでインストールする場合) CpEnabledCheckbox=0

 

例1)

サイレントインストールを実行する場合(認証機能はON)

 

例2)

認証機能をOFFにしてサイレントインストールを実行する場合

 

すでにインストール済みのユーザーが存在する場合

すでにクライアントアプリケーションをインストール完了しているユーザーが存在する状況でサイレントインストールを実行した場合、一斉に再インストールが行われますが、特に問題はございません。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています