従業員の異動・退職によるPC交換の場合、どのように対応すればよいですか?

従業員の異動や退職、古いPCの交換などでKING OF TIME システムログを利用しなくなる場合は、クライアントアプリケーションのアンインストールが必要です。

 

アンインストール方法と、状況別の対応を解説します。

 

目次

 

アンインストール方法

Windows のコントロールパネルからアンインストール画面に進むことができます。下記にコントロールパネルの表示方法を2つ紹介します。

 

1. タスクバーの検索窓から探す

Windowsのスタートボタン右の検索窓に「コントロールパネル」と入力 > 「コントロールパネル」を開く > 「プログラムと機能」 > 「KING OF TIMEシステムログ」を右クリック > 「アンインストール」を選択します。

_________.png

 

2. スタートメニューから表示する

Windowsのスタートボタンをクリック > スタートメニューの一覧から「Windowsシステムツール」フォルダ内「コントロールパネル」をクリック > 「プログラムと機能」 > 「KING OF TIMEシステムログ」を右クリック > 「アンインストール」を選択します。

_________2.png

画面上部に戻る

 

異動・退職の場合

該当PCから上記手順でアンインストールを行なってください。

画面上部に戻る

 

PCを交換する場合

古いPCからクライアントアプリケーションのアンインストールを行ない、新しいPCにクライアントアプリケーションのインストールを改めて行なってください。

※ 管理者はシステムログ管理者画面から新しいPCにクライアントアプリケーションのダウンロード・インストール用のメールを送信してください。従業員へのアカウント発行メール送信方法はこちら

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています