1つのシステムログアカウントを複数のPCに紐づけることはできますか?

以下の場合、1つのシステムログアカウントを複数のPCに紐づけてのご利用は推奨しておりません。

  • KING OF TIME 勤怠との打刻連携を行なっており、休憩打刻もシステムログのログによって行なう場合
  • KING OF TIME データ分析との連携を行なっており、PCでの作業時間を集計している場合

 

推奨外となる理由

以下のような利用例を想定した場合のデメリットを解説します。

例)A、Bの2台のPCに同一のシステムログアカウントを紐付けている。それぞれのPCにログイン後、AのPCのみを使用して作業を行なった。

  • A→ 継続して利用されているためログオン状態を保てる。
  • B→ 待機状態が続くため一定時間経過後、スリープ状態になる。

 

正常な打刻ができない

KING OF TIME 勤怠 との打刻連携を行なっている場合、Bがスリープ状態となる際に「ログオフ」のログを休憩打刻として取得してしまう可能性があり、正常な打刻ができなくなる恐れがあります。

 

正常な作業時間を計測できない

KING OF TIME データ分析との連携を行なっていた場合、上記と同様の理由で、実際にはAで作業を継続していてもBのスリープ状態をもって「ログオフ」していたと見なされる可能性があり、正しい作業時間を計測することが難しくなります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています