オフラインでもKING OF TIME 勤怠管理に打刻連携されますか?

オフライン時に記録されたログは、次回オンラインになった際にシステムログのサーバーに送信されます。そのタイミングで、KING OF TIME 勤怠管理にも打刻として連携されます。また、オンライン状態の場合、5分ごとにオフライン打刻が存在しないかをチェックします。

 

具体例

10月1日 8:00   ログオン(オンライン)

10月1日 17:00 ログオフ(オンライン)

10月1日 22:00 ログオフ(オフライン

→ この時点でKING OF TIME 勤怠管理上の打刻を見ると、10月1日 出勤打刻 8:00 退勤打刻 17:00

 

10月2日 9:00 ログオン(オンライン)

→ この時点でKING OF TIME 勤怠管理上の打刻を見ると、オンライン状態になったので、

10月1日 出勤打刻 8:00 退勤打刻 22:00

10月2日 出勤打刻 9:00 退勤打刻 なし

 

ご注意:勤怠を締めていても打刻連携されます

勤怠を締めていても、打刻データの記録は制御されません。このため、勤怠締め後にネットワーク接続が復旧した場合、オフライン時に記録されたログも打刻連携されます。

 

勤怠締め後にログが記録されてしまう場合は、次のいずれかの方法で運用回避してください。

 

  • オフライン打刻が発生しないようにする:
    PCのシャットダウン処理により通信が遮断された場合、「ログオフ」のログがオフライン打刻になります。「ログオフ」の操作後にPCをシャットダウンしてください。

  • オフライン打刻有無を確認してから勤怠確認、勤怠締めを行う:
    PCが長らくシャットダウンされていた場合は、PCを起動してオンラインにし、システムログ管理画面上でログがすべて記録されていることを確認したうえで、勤怠締めを行ってください。
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています