KING OF TIME 勤怠管理での変更内容が反映されないのはなぜですか?

手動での同期が必要です。KING OF TIME 勤怠管理から本システムへは、以下の情報を同期します。

  • 従業員の姓名
  • メールアドレス
  • 日付変更時間

 

KING OF TIME 勤怠管理側で上記の情報を変更した場合、本システム管理画面のユーザー設定で、[KING OF TIME情報の同期]ボタンをクリックしてください(詳細はこちら)。

 

※自動連携されません。KING OF TIME 勤怠管理側で従業員情報に変更を加えた際は、必ず上記の同期操作を行ってください。

 

補足

  • KING OF TIME 勤怠管理において従業員に入社日を設定している場合、入社日よりも前の従業員は同期の対象外です。入社日以降に同期操作を行ってください。

  • KING OF TIME 勤怠管理において従業員コードを変更し、かつ同期操作を行っていない場合、本システムでは従業員コード変更前の情報でログが記録されます。
    KING OF TIME 勤怠管理と打刻連携していると、KING OF TIME勤怠管理では従業員コード変更後の情報で打刻が反映されるため、データが不一致になります。

    例 従業員Aを001→002、従業員Bを002→001に変更した場合
    ・本システム: 001のログは「従業員A」のログとして記録されます。
    ・KING OF TIME 勤怠管理: 001のログは「従業員B」の打刻として反映されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています