「分析トップ」ではどのようなことが確認できますか?

「分析トップ」では、36協定の基準値を超えた時間外労働や有給休暇年5日取得の未達見込み人数など、注意が必要なデータを確認できます。

 

「分析トップ」に表示されるのは、以下7項目です。

 

また、「分析トップ」の表示内容は、並べ替え・表示/非表示設定が可能です。

 

本記事内の各画像はマウスクリックで拡大できます。

 

表示項目

平均時間外労働

時間外労働(法定休日労働は含まない)の時間数と前月差、前年同月差を表示します。年間推移をグラフで表示します。

image_101.png

 

※「全ての所属」「全ての雇用区分」に対して権限がない管理者でログインした場合、「当年全社」を表す折れ線グラフも表示されます。

※平均時間外労働の計算対象は、月1日以上出勤している従業員です。

 

補足

KING OF TIME 勤怠管理の事業年度開始月を起算とする、締め日を考慮した1年間が表示されます。

 

有給休暇取得状況

全社取得率と前年差、年5日取得義務の未達成見込み人数を表示します。取得推移をグラフで表示します。

image_102.png

 

補足

KING OF TIME 勤怠管理の事業年度開始月を起算とする、暦日(1日~末日)での1年間が表示されます。

 

平均総労働時間

平均総労働時間の時間数と前月差、前年同月差を表示します。平均労働時間と日の平均総労働時間の年間推移をグラフで表示します。

image_103.png

 

※休暇みなし勤務時間は含みません。

平均労働時間の計算対象は、月1日以上出勤している従業員です。

 

補足

KING OF TIME 勤怠管理の事業年度開始月を起算とする、締め日を考慮した1年間が表示されます。

 

36協定上限時間(月間)

36協定「特別条項」の発動回数と当月許容時間を基準としたシグナルアラートと、シグナルアラートに抵触した従業員の「当月許容」「発動回数」「一般条項残時間」「月間累計」を一覧で表示します。

image_104.png

 

シグナルアラートの閾値は以下の通りです。

「当月許容」: 超過者  90~100%  70~90%未満  50~70%未満

「発動回数」: 超過者  90~100%  50~90%未満  10~50%未満

 

補足

KING OF TIME 勤怠管理の締め日を考慮した月間が表示されます。

 

雇用動向

総従業員数、年間入社数、年間退社数と前月同月差を表示します。年間推移、男女比推移、年代比推移をグラフで表示します。

2024-04-02_15h36_15.png

 

補足

KING OF TIME 勤怠管理の事業年度開始月日を起算とする1年間が表示されます。

 

勤怠差異(月間)

「基準時刻と 打刻 / ログ / 入退室 の差異」の対象人数と「打刻とログの差異」の対象人数(閾値超過人数)、前月差を数値で、それぞれの差異時間をグラフで表示します。

image_106.png

 

補足

  • 「基準時刻と 打刻 / ログ / 入退室 の差異」の名称は、勤怠差異 > 「基準時刻と 打刻 / ログ / 入退室 の差異」タブ > 設定 > 「比較対象」の設定によって異なります。設定についてはこちらをご参照ください。
  • 暦日(1日~末日)での月間が表示されます。

 

給与

※KING OF TIME 人事労務の「明細発行機能」と連携している、または データインポートを利用してデータ登録されている場合のみ表示されます。

給与・賞与が登録されている最新月とその前月の平均支給額、前年同月差を表示します。また、総支給額の平均の推移を12ヶ月分のグラフで表示します。

image_338.png

 

補足

表示基準月は、メニューバーの人事レポート > 給与 の「給与の表示設定」で設定できます。

 

並べ替え・表示/非表示設定

「分析トップ」の右上にある「並べ替え」をクリックすると、以下の画面が表示されます。

image_52.png

 

項目名の左側にあるアイコンをマウスドラッグすると、項目を並べ替えができます。右側にある目のマークで表示/非表示の設定ができます。

 

なお、「並べ替え」の設定内容はブラウザに記憶されます。アカウントごとに設定内容は記憶されませんので、ご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています