労働時間「時間外労働」の「個人別一覧」では、どのようなことが確認できますか?

36協定の基準時間に対する現時点の状況や、月ごとの時間外労働時間数を個人別に一覧で確認できます。

 

「許容時間」と「上限規制」で表示が分かれています。

 

基準値設定」で設定した「分析基準月」を参照した期間がはじめに表示されます。

 

目次

 

許容時間

image_110.png

 

特別条項年間発動回数

特別条項が年間で発動した回数を「(発動回数)/(上限回数)」で表示します。上限回数を超過する危険度を以下で色分けします。

  • 90%以上:赤
  • 50%~90%未満:オレンジ
  • 10%~50%未満:黄

 

許容時間

当月・年であとどれくらい時間外労働が許されるのかを、設定した基準時間を元に時間数を表示します。当月許容時間を超過する危険度を以下で色分けします。

  • 超過:赤字
  • 90%以上:赤
  • 70%以上:オレンジ
  • 50%以上:黄

 

許容時間の計算方法はこちらをご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

上限規制

image_111.png

 

「法定休日労働を含む」のスイッチャー

_____________.png

法定休日労働時間を含む時間外労働か、含まない時間外労働のみで表示するかを選択できます。法定休日労働を含む「ON」ボタンをクリックすると法定休日労働が加算され、各月の情報を太字で表示します。

 

図のスイッチャー

________.png

「リスト」または「グラフ」で表示形式が選択できます。デフォルトは「リスト」で表示されます。

 

リスト表示

上段は「当月」の時間外労働を表示し、一般条項の基準を超過している場合にオレンジ色の文字で表示します(※)。下段は2~6か月平均の最大値を表示し、「平均80時間」を超過している場合に赤色の文字で表示します。

(※)各月の月末時点の「所属」「雇用区分」の基準時間を参照します。

 

「平均80時間」を確認する場合

時間外労働の上限規制の「2~6ヶ月平均」では、法定休日労働を含んだ時間数で平均80時間以内に収める必要があるので、「法定休日労働を含む」のスイッチャーをONにして確認してください。

 

グラフ表示

表示形式を「グラフ」に切り替えると、以下のように表示されます。

image_78.png

 

従業員にカーソルをあわせると、各月の詳細が確認できます。

画面上部に戻る

 

Excel出力

画面の右上に[Excel出力]ボタンがあり、表のデータをExcelデータとして出力できます。「許容時間」と「上限規制」でタブが分かれています。

image_83.png

※「上限規制」は、リスト表示で出力されます。グラフ表示は出力できません。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています