「ブラッドフォードスコア」では、どのようなことが確認できますか?

KING OF TIME 勤怠管理の欠勤取得状況を連携し、従業員の欠勤の頻度と長さに応じて、それが組織へ与える負荷をスコアリングします。従業員の勤務状況の見直しにお役立ていただけます。

 

目次

 

ブラッドフォードスコア

計算方法

以下で計算されます。

欠勤回数の2乗 × 欠勤日数

 

欠勤回数の考え方

欠勤が連続した場合は、「欠勤回数」はまとめて「1回」とカウントされます。

 

例:1月の欠勤日が以下の場合

1月10日(水)、1月17日(水)、1月18日(木)、1月19日(金)、1月22日(月)

 

1月17日(水)、1月18日(木)、1月19日(金)は連続した欠勤なので、まとめて「1回」としてカウントします。

 

1月10日(水)の1回 + 1月17日(水)~1月19日(金)の1回 + 1月22日(月)の1回

=1月の欠勤回数は3回

 

補足

土曜日、日曜日、祝日が休日で、上記例のように金曜日と月曜日に欠勤したとしても、これは連続した欠勤とは判定されません。あくまでも、欠勤を連続して取得した場合を指します。

 

スコアの見方

算出されたブラッドフォードスコアの結果は、以下のように考えられます。

スコア 説明
0~50 平均的な従業員のスコア
51~100 懸念または基本的な監察が必要
101~200 注視が必要
201~500 警告など何らかの対応が必要
500以上 解雇または詳細な面談の根拠となりうる

 

画面上部に戻る

 

月次

スコア割合と従業員をスコア順に確認できます。

image_343.png

番号 説明
1

表示内容を指定できます。

指定した表示月から過去1年間を対象にスコアを計算します。未来月を指定すると、データが表示されません。

2

スコアが「0~50」「51~100」「101~200」「201~500」「500超」の従業員数とその割合を確認できます。

例えば、円グラフの「500超」の赤色部分をクリックすると、右側の表には「500超」の従業員のみ表示されるようになります。グラフ中央の「従業員数」をクリックすると、全従業員の表示に戻せます。

3

個人ごとの欠勤日数、欠勤回数、スコアを確認できます。

スコア順に表示され、表のヘッダー「スコア」をクリックするとソートできます。

 

画面上部に戻る

 

項目別比較

スコア割合を「所属別」「雇用区分別」「部署別」「在籍年数別」で確認できます。

image_342.png

番号 説明
1

表示内容を指定できます。

指定した表示月から過去1年間を対象にスコアを計算します。未来月を指定すると、データが表示されません。

2 スコアが「101~200」「201~500」「500超」の従業員数とその割合を確認できます。
3

スコア割合を確認できます。

グラフにカーソルを合わせると、詳細を確認できます。

image_344.png

4

指定した表示月から過去1年間と、その前年の平均スコアを確認できます。

グラフにカーソルを合わせると、詳細を確認できます。

image_345.png

 

補足

「部署別」は、KING OF TIME 人事労務で設定した「部署」を参照します。

image_346.png

 

画面上部に戻る

 

個人別一覧

画面右上の「個人別一覧」をクリックします。

image_347.png

 

個人ごとのスコアが一覧で表示されます。

image_348.png

番号 説明
1 表示内容を指定できます。

指定した表示月から1年間が表示されます。

2

月ごとのスコアが確認できます。
表のヘッダーの各項目をクリックするとソートできます。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています