シフト管理サービス「CWS for Care」と連携するにはどうすればよいですか?

以下の内容をご確認いただき、連携設定を行ってください。

 

目次

 

機能概要

CWS for Careに登録されているシフト情報をCSVデータで出力し、KING OF TIME 勤怠管理にインポートできます。また、KING OF TIME 勤怠管理に登録されている勤怠・打刻情報をCWS for Careに連携できます。連携した情報をもとに、介護事業所に必要な実績シフトや書類の作成を行います。

 

画面上部に戻る

 

事前準備

CWS for CareとKING OF TIME 勤怠管理、両方のアカウントが必要です。連携にあたり、以下の情報を一致させてください。

CWS for Care KING OF TIME 勤怠管理
職員番号 従業員コード
勤務記号のカスタムコード パターンコード
休日・休暇分類のカスタムコード 休暇区分名称

 

CWS for Care側での準備

1. アカウントのお申し込み

本機能をご利用の場合、CWS for Careのご契約が必要です。詳細はCWS for Careのホームページ( 外部サイト)をご確認ください。

 

2. 連携項目の設定

連携対象となる職員、勤務記号、休日・休暇分類について、事前準備に記載の項目を設定してください。

 

・「職員管理」画面
 職員番号をKING OF TIME 勤怠管理の従業員コードと一致させます。

KING OF TIME 勤怠管理の管理画面 > 設定 > 従業員 > 従業員設定 画面で、従業員コードを確認できます。

KINGOFTIME連携_職員.png

 

・ 「設定」 > 「マスタ設定 | 勤務記号」画面
勤務記号のカスタムコードを、KING OF TIME 勤怠管理のパターンコードと一致させます。

KING OF TIME 勤怠管理の管理画面 > 設定 > スケジュール > パターン設定 画面で、パターンコードを確認できます。

KINGOFTIME連携_勤務記号.png

 

・「設定」 > 「マスタ設定 | 休日・休暇分類」画面
休日・休暇分類のカスタムコードを、KING OF TIME 勤怠管理の休暇区分名称と一致させます。また、半日休暇と時間単位休暇の設定内容も一致させます。

KINGOFTIME連携_休日休暇分類.png

 

3. CWS for Careとの連携に関するお問い合わせ先

CWS for Careとのご契約や、設定でご不明点がある場合、CWS for Careホームページ、またはカスタマーサポートサイトへお問い合わせください。

 

CWS for Careホームページ(ご契約前のお問い合わせ等)

https://care-infocom.jp/cws-care/(外部サイト)

 

CWS for Care カスタマーサポートサイト(ご契約後アカウント発行された方のみ)

https://cwsforcare-help.freshdesk.com/support/login(外部サイト)

 

KING OF TIME側での準備

スケジュールデータ[CSV]の入力レイアウト作成

CWS for Careから出力したシフトCSVデータを一括登録するため、入力レイアウトを作成します。

1. KING OF TIME 勤怠管理の管理画面ホーム > よく使うメニュー > エクスポート / インポート > データ入力(インポート)カテゴリ > [スケジュールデータ[CSV]]の右の[入力レイアウト作成] をクリックします。

2. [+ 新規作成] をクリックし、以下の情報を設定します。レイアウトを設定したら[登録]をクリックし、設定内容を保存します。

KINGOFTIME連携_シフトKOTレイアウト.png

 

項目名 説明
レイアウト名 レイアウトの名称を100文字以内で任意に登録します(「CWSシフト連携」など)。
入力項目

以下の項目を選択します。項目順も一致させてください。

  • 出勤所属コード
  • 従業員コード
  • 勤務日
  • パターンコード
  • 全日休暇
  • 半休種別名称
  • 時間単位休暇-休暇区分名称
  • 時間単位休暇-開始時刻
  • 時間単位休暇-終了時刻

※CWS for CareとKING OF TIME 勤怠管理の各項目の対応表は、後述の「連携項目」をご参照ください。

備考 レイアウトについての説明を400文字以内で記入できます。

 

画面上部に戻る

 

連携設定

1. CWS for Careにログインし、設定 > データ連携 | システム連携  > KING OF TIMEの[連携]をクリックします。

KINGOFTIME連携_システム設定1.png

 

 2. 認可画面が表示されるので、admin全権管理者のログインIDとパスワードを入力します。利用規約と同意書をお読みいただき、「確認のうえ、同意します。」にチェックを入れ[承諾する]をクリックします。

KINGOFTIME連携_システム設定2.png


3. CWS for Careの画面に以下が表示されましたら連携設定完了です。

KINGOFTIME連携_システム設定3.png


4. 連携済みの場合は、設定 > データ連携 | システム連携 > KING OF TIMEの右に「連携済み」と表示されます。

KINGOFTIME連携_システム設定4.png

 

画面上部に戻る

 

データ連携方法

シフト連携(CSV連携)

CWS for Careにてシフトを作成します。

 

1. CWS for Careシフト作成画面右上の[ダウンロード]をクリック > 「シフトCSV(KING OF TIME連携用)」をクリックします。

KINGOFTIME連携_シフト連携.png


2. KING OF TIME 勤怠管理を開き、管理画面 ホーム > よく使うメニュー > エクスポート / インポート > データ入力(インポート)カテゴリ > [スケジュールデータ[CSV]]より、ダウンロードしたCSVをインポートします。

 

従業員識別キーの取り込み(Web API連携)

勤怠データの取り込みに必要な職員の識別キーをCWS for Careに取り込みます。

 

1. 設定 > データ連携 | システム連携 > KING OF TIMEの[詳細]をクリックします。

 

2. 「従業員識別キーの取り込み」の[実行]をクリックします。クリックすると、「取り込み処理を開始しました。結果はメールで通知します。」とメッセージが表示されます。

image_520.png

 

3. 取込完了のお知らせメールが届きます。

 

勤怠データの取り込み(Web API連携)

勤怠データをCWS for Careに取り込みます。従業員識別キーの取り込みで連携された職員の勤怠データのみが対象となります。

 

1. 設定  > データ連携 | システム連携 > KING OF TIMEの[詳細]をクリックします。

 

2. 「勤怠データの取り込み」の[対象月を選択]をクリックします。ダイアログが表示されるので、対象月を選択し[実行]をクリックします。クリックすると、「取り込み処理を開始しました。結果はメールで通知します。」とメッセージが表示されます。

KINGOFTIME連携_勤怠データの取り込み.png

 

3. 取込完了のお知らせメールが届きます。

 

ご注意

この作業は、下記WebAPI制限時間帯には行なえません。

制限時間帯:8:30~10:00 / 17:30~18:30

 

画面上部に戻る

 

連携項目

CWS for CareとKING OF TIME 勤怠管理の各項目は、以下のように対応し連携します。

 

CSV連携

シフト連携時の対応表です。

CWS for Care KING OF TIME 勤怠管理 備考
 

出勤所属コード

CWS for Careでは未使用のため、空白で出力されます。

職員番号

従業員コード

 

勤務日

勤務日

 

勤務記号のカスタムコード

パターンコード

 

休日・休暇分類のカスタムコード 全日休暇  
半休-休日・休暇分類のカスタムコード 半休種別名称 CWS for Careからは、前半休の場合は「AM」が、後半休の場合は「PM」が頭についた状態で出力されます。
時間休-休日・休暇分類のカスタムコード 時間単位休暇-休暇区分名称  
時間休-開始時刻 時間単位休暇-開始時刻  
時間休-終了時刻 時間単位休暇-終了時刻  

 

Web API連携

従業員識別キー、勤怠データ取り込み時の対応表です。

CWS for Care KING OF TIME 勤怠管理
打刻機連携用ID 従業員識別キー
勤務日 勤務日
出勤時刻 出勤-打刻時間
退勤時刻 退勤-打刻時間
出勤打刻時刻 出勤-打刻時間
退勤打刻時刻 退勤-打刻時間
連携システム勤務内容 勤務日種別名
実労働時間数 労働合計時間(分)
勤怠時間休-開始時刻 休憩開始-打刻時間
勤怠時間休-終了時刻 休憩終了-打刻時間
勤怠時間休-開始打刻時刻 休憩開始-打刻時間
勤怠時間休-終了打刻時刻 休憩終了-打刻時間

 

画面上部に戻る

 

ご注意

職員の打刻機連携用IDについて

従業員識別キーの取り込みを実行すると、CWS for Care 職員基本画面の打刻機連携用IDに文字列が登録されます。こちらは、勤怠データの取り込みに必要な情報なので、手動の変更・削除はしないでください。

KINGOFTIME連携_職員基本打刻機連携用ID.png

 

時間単位休暇について

1日に時間単位休暇を複数回取得する場合、KING OF TIME 勤怠管理とCWS for Careともに画面上では登録可能ですが、シフトのCSV連携では最初の1件のみ連携されます。連携されなかった時間単位休暇については、KING OF TIME 勤怠管理の画面で登録してください。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています