【重要】「KING OF TIME勤怠管理」:新機能リリースと、これに伴うメンテナンスのお知らせ(2024年6月11日)

※メンテナンスは完了しました。本件に関する最新のご案内はこちらをご参照ください。

いつも本製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

以下の日時で本システムの新機能リリースと、これに伴うメンテナンスを実施いたします。新機能の追加や、仕様改善によってますます便利にご利用いただけるようになります。

 

メンテナンス日時

2024年 6月 11日(火)22:15~25:15

上記作業時間中は一部機能が制限されます。詳しくはこちらをご参照ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

 

リリース情報

※リリース内容は予告なく変更になる場合があります。
※一部の機能は、管理者による設定が必要な場合があります。

新機能

機能改修

その他

 

「日本の祝日」が自動登録できるようになります!

日本の祝日を毎年自動登録できるようになります。
祝日設定画面に、[日本の祝日自動登録設定]ボタンが追加されます。

新機能のボタンが含まれた、祝日設定画面の画像.png

 

特定の所属または「全ての所属」を指定して登録することで、内部設定されている(※1)今年以降の日本の祝日設定が自動登録(※2)されるようになります。
※1:毎年2月頃に、翌年の祝日をマスタ登録いたします。
※2:毎月1日の未明に自動登録が実行されます。

日本の祝日自動登録設定画面の画像.png

 

画面上部に戻る

 

 

割増残業分を代替休暇として付与できるようになります!

設定 > その他 > オプション > 割増残業集計機能 に「代替休暇対象」が追加され、代替休暇として付与する場合の休暇区分を選択できるようになります。

割増残業分を代替休暇として付与できるようになります!_1.png

 

ポイント

以下両方の条件を満たした休暇区分を選択できます。

  • 休暇取得による休暇数の計算方法:減算
  • 有効期間:付与後0~2ヶ月 または 1~62日

 

代替休暇を付与したい場合は、管理画面ホーム > よく使うメニュー > 休暇管理 > [代替休暇付与対象者]タブ にて「全日、半日、時間単位」の付与ができるようになります。

割増残業分を代替休暇として付与できるようになります!_2.png

※画像をクリックすると拡大されます。

※代替休暇は「全日、半日単位」のみ取得が可能です。「時間単位」で付与された場合は合算して「全日、半日単位」として取得する必要があります。

 

代替休暇を付与した時間は「代替休暇換算済時間」として以下の4つに細分化され、エクスポート項目とカスタムデータ項目(月別データ)に追加されます。カスタムして集計が可能なため、給与計算時などにお役立ていただけます。

  • 代替休暇換算済時間(割増残業)
  • 代替休暇換算済時間(割増残業2)
  • 代替休暇換算済時間(割増深夜残業)
  • 代替休暇換算済時間(割増深夜残業2)

 

画面上部に戻る

 

シフトを自動作成できるようになります!

従業員ごとに、各曜日の勤務可能な時間帯と、各業務の習熟度を登録できるようになります。これらの情報と時間帯別業務目標設定に基づき、指定した期間のスケジュールを一括で自動登録できるようになります。シフト作成業務の工数削減を期待できます。

 

前提

本機能を使用するには以下の設定が必要です。

設定 > その他 > オプション > スケジュール設定カテゴリ > シフト管理機能 が「使用する」になっていること。

 

勤務可能日設定 / 業務習熟度設定

設定 > スケジュール内に、シフト自動作成関連設定が追加されます。

 

[勤務可能日設定]タブで、従業員ごとに各曜日の勤務可能な時間帯を設定できるようになります。これによって、各従業員の勤務不可能な日時にスケジュールを入れてしまうことを防ぎます。

シフトを自動作成できるようになります!_1.png

※画像をクリックすると拡大されます。

 

[業務習熟度設定]タブで、従業員ごとに各業務の習熟度を、1~5の5段階で設定できるようになります。これによって、業務経験が浅い人だけでシフトが組まれてしまうことを防ぎます。

シフトを自動作成できるようになります!_2.png

 

なお、勤務可能日設定と業務習熟度設定はインポートで一括登録も可能です。

 

シフト自動作成

管理画面ホーム > よく使うメニュー > スケジュール管理 に、[シフト自動作成]ボタンが追加されます。

シフトを自動作成できるようになります!_3.png

 

こちらをクリックすると、事前に設定した勤務可能日設定、業務習熟度設定、時間帯別業務目標設定に基づき、シフト自動作成処理が実行され、結果画面が子ウインドウで表示されます。[登録]をクリックすることで、スケジュールが反映されます。

シフトを自動作成できるようになります!_4.png

 

画面上部に戻る

 

所属別に日ごとの人件費予算を登録できるようになります!

所属別に日ごとの「人件費予算」を登録し、日別スケジュール画面などでシフトを組む際に参照できるようになります。
※既存の人件費概算機能とは別の機能です。

 

前提

本機能を使用するには以下の設定が必要です。
設定 > その他 > オプション > スケジュール設定カテゴリ > シフト管理機能 が「使用する」になっていること。

設定 > スケジュール 内に[人件費予算設定]メニューが追加され、所属別に日ごとの予算を登録できるようになります。

2024-05-27_09h45_24.png

 

登録した人件費予算は、人件費概算(予算・実績)とともに、以下の画面に表示されるようになります。

日別スケジュール画面 / 日別スケジュール編集画面
所属別に日ごとの人件費予算を登録できるようになります!_2.png

 

スケジュール管理画面
所属別に日ごとの人件費予算を登録できるようになります!_3.png

 

画面上部に戻る

 

従業員に日別業務データを公開のうえ、メール通知できるようになります!

業務管理機能によって個人別の業務予定表を作成した際に、従業員に日別業務データを公開のうえ、メール通知できるようになります。

 

前提

本機能を使用するには以下の設定が必要です。
設定 > その他 > オプション > スケジュール設定カテゴリ > シフト管理機能 が「使用する」になっていること。

管理画面ホーム > よく使うメニュー > スケジュール管理 内に[スケジュール完成連絡]タブが追加されます。
従業員に日別業務データを公開のうえ、メール通知できるようになります!_1.png

 

1つの所属を選択表示後、雇用区分ごとに公開・非公開を選択し、[公開情報を登録してメール送信する]をクリックすることで、対象従業員に日別業務データが公開または非公開されるようになります。同時に通知メールが送信されるようになります。
従業員に日別業務データを公開のうえ、メール通知できるようになります!_2.png

 

従業員画面には、「日別業務データ」メニューが追加されます。
従業員に日別業務データを公開のうえ、メール通知できるようになります!_3.png

 

こちらから、日ごとに割り当てられた業務内容を確認できるようになります。
従業員に日別業務データを公開のうえ、メール通知できるようになります!_4.png

※画像をクリックすると拡大されます。

 

画面上部に戻る

 

時間帯別業務目標設定の入力をパターン化できるようになります!

時間帯別業務目標設定の入力効率化のため、事前に、業務ごとに時間帯別の必要な人数のパターンを登録したものを一括で適用できるようになります。

 

補足

本機能を使用するには以下の設定が必要です。
設定 > その他 > オプション > スケジュール設定カテゴリ > シフト管理機能 が「使用する」になっていること。

設定 > その他 > 目標設定 内に[時間帯別業務目標パターン設定]タブが追加されます。
時間帯別業務目標設定の入力をパターン化できるようになります!_1.png

 

業務ごとに時間帯別の必要な人数をパターン化できるようになります。
時間帯別業務目標設定の入力をパターン化できるようになります!_2.png

※画像をクリックすると拡大されます。

 

時間帯別業務目標パターンが登録されている場合、設定 > その他 > 目標設定 > [時間帯別業務目標設定]タブに[一括登録]ボタンが表示されるようになります。「業務」にてパターンを選択し、対象日にチェックをいれることで、パターン化した内容を一括登録できるようになります。

時間帯別業務目標設定の入力をパターン化できるようになります!_3.png

 

画面上部に戻る

 

⁠管理者のインポート・エクスポート機能がより便利になります!

管理者設定の以下の項目を、エクスポートおよびインポートできるようになります。より一括管理が行いやすくなります。

  • タイムゾーン ※1
  • KING OF TIME 人事労務 ※2
  • KING OF TIME 給与 ※2
  • KING OF TIME データ分析 ※2
  • KING OF TIME システムログ ※2
  • KING OF TIME 管理センター ※3

※1:タイムゾーン機能を使用している場合に表示されます。
※2:KING OF TIMEシリーズを使用している場合に表示されます。
※3:直販のお客様のみ表示されます。

 

管理者のインポート・エクスポート機能がより便利になります!.PNG

※画像をクリックすると拡大されます。

 

KING OF TIMEシリーズ製品のご紹介

追加料金なしで、KING OF TIMEシリーズ製品をご利用いただけます。製品同士が連携し、業務効率化・シームレス化に貢献します。詳細はこちらをご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

従業員ごとにKING OF TIME 関連サービス項目の表示/非表示を設定できるようになります!

※KING OF TIMEシリーズを使用しているお客様が対象です。
従業員画面のメニュー内に、「従業員情報の確認と各種申請」(KING OF TIME 人事労務機能)」や「年末調整の申告」(KING OF TIME 給与機能)を表示させるかどうかを、従業員ごとに設定できるようになります。

 

従業員画面メニュー内の画像 PC

従業員画面メニュー内の画像_PC.png


従業員画面メニュー内の画像 モバイル

従業員画面メニュー内の画像_モバイル.png

 

従業員登録画面に以下2つの項目が追加されます。

  • KING OF TIME 人事労務
  • KING OF TIME 給与

新項目の画像.png

「利用しない」を選択すると、対象者の従業員画面メニューには「従業員情報の確認と各種申請」や「年末調整の申告」が表示されなくなります。
※管理画面での従業員一覧には表示されます。

 

画面上部に戻る

 

各インポート画面の「CSVファイルの入力例」リンクが廃止されます。

各インポート画面の「CSVファイルの入力例」と「入力に推奨されている文字列」へのリンクが廃止されます。リリース後は画面右上の「このページのヘルプ」より、CSVファイルの入力方法や推奨文字、インポート操作などをご確認いただくようになります。

 

リリース前
各インポート画面の「CSVファイルの入力例」リンクが廃止されます!_リリース前.png

 

リリース後
各インポート画面の「CSVファイルの入力例」リンクが廃止されます!_リリース後.png

 

画面上部に戻る

 

⁠公開Web APIでスケジュールの一括登録や、日別勤務データの勤務日の自動判定ができるようになります!

KING OF TIME WebAPI 連携設定 > 「⽇別スケジュールデータ」の「write」にチェックがある場合、一度のリクエストで1,000件までのスケジュールを一括登録できるようになります。

 

KING OF TIME WebAPI 連携設定 > 「⽇別勤怠データ」の「write」にチェックがある場合、日別打刻データを登録する勤務日を自動で判断する「勤務日省略フラグ」を使用できるようになります。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています