ログが取得できない場合の原因と対処方法

ログが取得できない場合に考えられる原因と対処方法を解説します。

 

関連オンラインヘルプ

  • ログの反映に時間がかかる / 意図しない時間帯にログが記録される場合はこちら
  • KING OF TIME 勤怠管理に打刻連携されない場合はこちら
  • KING OF TIME データ分析にログが反映されない場合はこちら

 

目次

 

【ケース1】全従業員のログが取得できない

1. 本システムが利用開始されていない

全権管理者アカウントでKING OF TIME 勤怠管理にログインし、スイッチャーが表示されているかどうか、スイッチャーに「システムログ」のアイコンが表示されているかどうかをご確認ください。

表示されていない場合は、本システムが利用開始されていません。こちらをご参照のうえ、利用開始をお申し込みください。

image_429.png

 

2. ユーザー同期していない

「ユーザー一覧」タブに対象者が表示されていない場合はこちらをご参照のうえ、同期を実施してください。

 

3. クライアントアプリケーションをセットアップしていない

ログの取得にあたり、従業員のPCにクライアントアプリケーションをセットアップする必要があります。「ログ表示」タブに対象者の「クライアントからのログイン」ログが表示されていない場合はこちらをご参照のうえ、クライアントアプリケーションをセットアップしてください。

 

4. プロキシサーバーを利用している

プロキシサーバーをご利用の場合はこちらをご参照のうえ、各従業員のクライアントアプリケーションにプロキシサーバー設定を実施してください。

 

5. 通信が遮断されている

ウイルス対策ソフトなどで通信が遮断されている場合はこちらをご参照のうえ、通信が遮断されないようご設定ください。

 

6. シンクライアント環境である

本システムはファットクライアント環境(実機PC)でのご利用を想定しています。シンクライアント環境の場合は、次の条件を満たすようご設定ください。

  • データ書き込み権限が必要なフォルダにおいて、データが保持されること
  • 実機PCと同等のログオン / ログオフ / ロック / アンロック操作を実施していること
    ※アプリのメニューなどでこれらの操作を実施している場合、ログが取得できないことがあります。

 

画面上部に戻る

 

【ケース2】特定の従業員のログのみ取得できない

1. ユーザー同期していない

従業員を新規作成した際は、ユーザー同期が必要です。「ユーザー一覧」タブに対象者が表示されていない場合はこちらをご参照のうえ、同期を実施してください。

 

2. クライアントアプリケーションをセットアップしていない

ログの取得にあたり、従業員のPCにクライアントアプリケーションをセットアップする必要があります。「ログ表示」タブに対象者の「クライアントからのログイン」ログが表示されていない場合はこちらをご参照のうえ、クライアントアプリケーションをセットアップしてください。

 

3. クライアントアプリケーションのバージョンが古い

クライアントアプリケーションのバージョンが古い場合、ログが取得できないことがあります。バージョンを確認し、古い場合は対象者のPCでアップデートを実施してください。

 

アップデート方法

クライアントアプリケーション上でアップデートする

1. デスクトップ上のクライアントアプリケーションショートカットをダブルクリックします。

2. 「最新版がありますがダウンロードしますか」と表示されたら、「はい」をクリックします。

3.  アップデートファイルがダウンロードされるので、インストールしてPCを再起動します。

 

オンラインヘルプ上でアップデートする

こちらから最新版インストーラーをダウンロードし、インストールしてPCを再起動します。

 

4. システムログのサービスが停止している

ある時期からログが取得できなくなった場合、クライアントアプリケーションのサービスが停止している可能性があります。次の方法でサービスを再起動し、ログが取得できるようになるかご確認ください。

 

1. Windowsキー と Rキー を同時に押下し、「ファイル名を指定して実行」を起動します。

 

2. 「名前」欄に「%ProgramFiles(x86)%¥HumanTechnologies¥HTLogger¥HTLogger.exe」と入力し、[OK]をクリックします。

※管理者として実行する必要があります。「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は[はい]をクリックします。

image-0.png

 

3. 下記のような画面が表示されますので[1.ログ取得設定]をクリックします。
※KING OF TIME システムログのサービスが再起動されます。

2023-12-07_17h19_01.png

 

4. 続いて[2.ログ取得]をクリックします。

2023-12-07_17h20_02.png

 

5. ログデータ作成メッセージが表示されるので[OK]をクリックし、閉じます。

2023-12-07_17h20_56.png

 

ご注意

サービス再起動のために操作ログを出力した場合、サポートセンターに操作ログを送付する必要はありません。

 

サービス自動再起動の設定方法

クライアントアプリケーションのインストール時に「認証機能をインストールする」にチェックを入れておくことで、サービスが停止した場合も自動起動されるようになります。

チェックを外してインストールした場合は、PCのコントロールパネル > プログラムと機能 にて「KING OF TIME システムログ」をダブルクリックし、「認証機能をインストールする」にチェックを入れたうえで修復してください。

2024-06-25_16h32_51.png

 

5. データベースが破損している

ある時期からログが取得できなくなった場合、クライアントアプリケーションのデータベースが破損している可能性があります。次の方法でデータベースを初期化し、ログが取得できるようになるかご確認ください。

※未送信のログがあった場合は、初期化によりログが消失します。

 

1. PCのコントロールパネル > プログラムと機能 にて「KING OF TIME システムログ」をダブルクリックし、アンインストールします。

 

2. 次のファイルを削除します。

C:¥ProgramFiles(x86)¥HumanTechnologies¥HTLoginNotificationService¥db.sqlite

 

3. こちらを参照してクライアントアプリケーションを再度セットアップします。

 

画面上部に戻る

 

【ケース3】出勤時のログのみ取得できない

「自動再起動サインオン」が有効になっている

出勤時のログのみ取得されない場合は、Windowsの「自動再起動サインオン」が有効になっている可能性があります。こちらをご参照のうえ、本機能を無効にご設定ください。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています