「KING OF TIMEアカウントがシステムログに存在しません」と表示される場合の原因と対処方法

「KING OF TIMEアカウントがシステムログに存在しません」と表示される場合に考えられる原因と対処方法を解説します。

 

1. KING OF TIME 勤怠管理の従業員情報が同期されていない

「ユーザー一覧」タブに対象者が表示されていない場合はこちらをご参照のうえ、同期を実施してください。

 

2. 従業員に未来日の入社日が登録されている

本システムでは、従業員の入社日以降にログを取得できます。KING OF TIME 勤怠管理において未来日の入社日で従業員を登録している場合、本システムの対象アカウントは自動的に削除されます。従業員の入社日以降にこちらをご参照のうえ、同期を実施してください。

 

対象アカウントが削除された場合、クライアントアプリケーションの再セットアップが必要です

対象アカウントが削除された後で入社日を過去日に編集 / 削除すると、対象ユーザーは本システム上において別アカウント扱いとして同期処理されます。このため、クライアントアプリケーションの再セットアップが必要となります。またアカウントの削除前にログを取得していた場合、削除されたログは復旧できませんので、ご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています