【IE版タイムレコーダー】ローカル(オフライン)打刻の際の時刻補正の仕組み

ご注意
Internet Explorer は本システムの非推奨ブラウザのため、サポート対象外となります。

Internet Explorer版タイムレコーダーをご利用のお客様は、後継の「Windowsデスクトップ版タイムレコーダー」にお早めにお乗り換えください(詳しくはこちら)。

 

オフライン時の打刻データは、その時のPC本体の時刻で記録されます。

 

正しいサーバー時刻とPCの時刻にずれがある場合、データをサーバーへ送信する際に、その差分を補正したデータを送信します。

 

詳細

  1. PCの時刻を元に打刻データを保存します。
  2. 打刻送信時にサーバー時刻を取得します。その際に、サーバー時刻とPC時刻の差分を計算します。
  3. 保存した打刻データに差分を調整し、サーバーへ送信します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています