「休憩予定時間」を実績から控除せず、予定としてのみ参照する場合の設定方法

スケジュール編集項目の「休憩予定時間」は、初期状態では「休憩時間」として計上され、労働時間から控除されます。しかし、機能切り替えによって、休憩時間として計上せずに「スケジュール時間」の算出だけに利用できるようになります。

 

予実機能」利用時などに「休憩予定時間」はあくまでも予定として扱い、実績には影響させたくない場合は、機能の切り替えをご検討ください。なお、スケジュール編集項目の「休憩予定(休憩開始 / 休憩終了)」は機能切り替えの適用外となります。

2023-05-30_15h28_19.png

 

ご注意
機能の切り替えをご希望の場合は、本記事をご一読のうえ、サポートセンターへ「休憩予定時間の取り扱い」の変更をご依頼ください。以下の3つの用途に切り替え可能です。
・休憩予定時間を実績にも反映する ※デフォルト値
・休憩予定時間を予定のみに反映する
・休憩予定時間を考慮しない

 

目次

 

前提:「休憩予定時間」とは? 

1日の休憩予定時間を分単位で設定する項目です。パターン登録画面や、勤務データ編集編集画面で設定可能です。

 

パターン登録画面

設定 > スケジュール > パターン設定 > 対象パターンの[編集] > 休憩予定カテゴリの[詳細]を展開 > 休憩予定時間

2023-05-30_14h59_56.png

 

勤務データ編集画面

よく使うメニュー > 日別データ > 対象日を選択して[表示] > 対象者の[編集] > 通常スケジュール編集カテゴリ > 休憩予定時間

 

画面上部に戻る

 

休憩予定時間を実績にも反映する ※デフォルト値

アカウント発行時のデフォルト値です。休憩予定時間は、実績にもスケジュール時間にも反映されます。スケジュールパターンによって異なる休憩を自動取得したいが、休憩の時間帯を定めたくない場合などに利用できます。

 

例えば、以下のように勤務した場合、

  • 出勤打刻 9:00
  • 退勤打刻 18:00
  • 休憩予定時間 60分
    ※「休憩予定時間」以外の休憩は設定しない

 ↓↓↓

 

実績:

休憩時間は1時間(60分)計上されます。

 

スケジュール時間:

休憩予定は1時間(60分)と表示されます。

 

画面上部に戻る

 

休憩予定時間を予定のみに反映する

休憩予定時間は、スケジュール時間だけに利用されます。実績には反映されません。

 

例えば、以下のように勤務した場合、

  • 出勤打刻 9:00
  • 退勤打刻 18:00
  • 休憩予定時間 60分
    ※「休憩予定時間」以外の休憩は設定しない

 ↓↓↓

 

実績:

休憩時間は計上されません。

 

スケジュール時間:

休憩予定は1時間(60分)と表示されます。

 

画面上部に戻る

 

休憩予定時間を考慮しない

休憩予定時間は、予定にも実績にも反映されません。無効な設定項目になります。

 

例えば、以下のように勤務した場合、

  • 出勤打刻 9:00
  • 退勤打刻 18:00
  • 休憩予定時間 60分
    ※「休憩予定時間」以外の休憩は設定しない

 ↓↓↓

 

実績:

休憩時間は計上されません。

 

スケジュール時間:

休憩予定時間も計上されません。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
8人中4人がこの記事が役に立ったと言っています