「遅刻時間」「早退時間」が計上されない原因と対処方法

考えられる原因は以下の通りです。それぞれの対処方法を解説します。

 

該当日に、出勤予定時刻・退勤予定時刻が入っていない

下記いずれかの手順にて、勤務データ編集画面を表示します。

  • 全メニュー > 日別データ > 日付指定して[表示] > 対象者の[編集]

  • 全メニュー > 月別データ > 対象者の[タイムカード] > 該当日の[勤務編集]

 

「スケジュール編集」の「パターン」の欄でスケジュールパターンを選択するか、「出勤/退勤予定」の欄で出勤及び退勤の予定時刻を入力し、[保存]をクリックしてください。

image_469.png

 

「パターン」を選択しても「出勤/退勤予定」の時刻が表示されない場合、こちらを参照してパターンに出勤予定時刻と退勤予定時刻を設定してください。

 

補足
遅刻時間は、出勤予定時刻と出勤打刻時刻との差分から自動的に算出されます。早退時間は、退勤予定時刻と退勤打刻時刻との差分から自動的に算出されます。
実労働時間が所定労働時間に満たない場合、その不足分を遅刻や早退時間として計上することはできません。

 

スケジュール登録の関連記事
月間スケジュールの手動登録 / 削除方法(スケジュール管理)
日別スケジュールの手動登録方法(日別スケジュール設定)

 

使用パターンの「遅刻/早退判定」が無効になっている

以下の箇所をご確認ください。

 

設定 > スケジュール > パターン設定 > 対象パターンの[編集]>予定[詳細]> 「遅刻/早退判定」

image_470.png

 

上記項目にて「無効」が選択されている場合、「--」に変更して登録してください。無効の選択を解除したくない場合は、該当日には別のスケジュールパターンを割り当ててご対応ください。

 

ワンポイント
この変更は、すでに勤怠計算された日の集計には適用されません。過去の集計データにも変更を反映するには、勤怠データ再計算を行ってください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています