休暇取得時にみなし労働時間を計上する方法(休暇みなし勤務時間)

休暇取得時にみなし勤務時間を計上するための設定を解説します。

 

はじめにご確認ください
休暇取得方法は、新方式:「休暇区分使用」と、旧方式:「パターン使用」の2種類があります。どちらの方法が適用されているかによって設定方法が変わりますので、こちらの記事を参考に貴社のご利用状況をご確認ください。

 

目次

 

休暇取得方法「休暇区分使用」の場合

1. 設定 > スケジュール > 休暇区分設定 > 該当区分の[編集] > 休暇みなし勤務時間の計算を、[計算を行う]として登録します。

image_267.png

 

「計算を行う」を選択すると、勤務時間に休暇みなし時間が加算されます。「各休暇区分の計算のみ行う」を選択した場合、勤務時間には加算せず、「休暇みなし時間」の記録だけを行います。この時間は、エクスポートメニューやカスタムデータ項目設定でレイアウトに追加できます(「有休時間」など)。

 

雇用区分ごとに設定する場合
休暇みなし勤務時間の計算を行うかどうかを、雇用区分ごとに設定できます。この場合、以下の項目を設定してください。

設定 > 従業員 > 雇用区分設定 > [編集] > 休暇関連カテゴリの[詳細]をクリック > 休暇みなし時間の設定
112904.png

休暇区分設定と雇用区分設定の両方で「休暇みなし勤務時間」が設定されている場合、雇用区分設定が適用されます。

 

2. 設定 > スケジュール > パターン設定 > 勤務パターン(「通常勤務」など)の[編集] > 予定カテゴリの[詳細]をクリック > みなし勤務時間を設定します。

112905.png

 

項目名 説明
出退勤予定を計上する 出退勤予定時刻を休暇みなし時間として計上します。こちらを選択する場合は、パターン内の「出勤予定」と「退勤予定」を必ず入力してください。
みなし勤務時間を計上する 出退勤予定時刻とは別の時間帯を、休暇みなし勤務時間として計上します。選択すると、みなし勤務開始/終了時刻の入力欄が表示されます。

フレックス勤務などで、出退勤予定時刻(コアタイム)が休暇みなし時間と一致しない場合はこちらを使用します。

 

補足
「出退勤予定を計上する」「みなし勤務時間を計上する」のどちらを設定した場合も、設定した時間がすべてみなし勤務時間として計上されます。例えば、通常の勤務と同じ9時~18時で設定すると、「9時間」が計上されます。
休憩時間を加味した時間を設定している場合、「休憩開始/終了」や「休憩予定時間」も設定してください。

 

3. 半日勤務カテゴリ > 以下項目の[設定]をクリックします。

  • 「午前出勤パターン登録」
  • 「午後出勤パターン登録」

2022-01-31_10h35_16.png

 

4. みなし勤務時間を設定します。

2022-03-28_10h25_12.png

 

項目名 説明
出退勤予定を計上する 午前半休を取得した場合は「午前出勤スケジュール」に設定している「出退勤予定時間」が、午後半休を取得した場合は「午後出勤スケジュール」に設定している「出退勤予定時間」がみなし勤務時間として計上されます。

こちらを選択する場合は、「午前出勤スケジュール」「午後出勤スケジュール」それぞれの「出勤予定」と「退勤予定」を必ず入力してください。
みなし勤務時間を計上する 出退勤予定時刻とは別の時間帯を、休暇みなし勤務時間として計上します。選択すると、みなし勤務開始/終了時刻の入力欄が表示されます。

フレックス勤務などで、出退勤予定時刻(コアタイム)が休暇みなし時間と一致しない場合はこちらを使用します。

 

5. 設定 > 従業員 > 雇用区分設定 > [編集] > 休暇関連カテゴリの[詳細]をクリック > 半日休暇・時間休暇取得時の所定時間への加算にて、半日休暇や時間単位休暇を取得したときにみなし勤務時間を加算したい休暇区分にチェックします。

112903.png

 

6. その下の項目「休暇みなし時間の所定外・残業計算への算入」も続けて設定します。

  • 実労働時間だけで残業をカウントする場合は、「含めない」を選択します。
  • 実労働時間とみなし勤務時間の合計時間で残業をカウントする場合は、「含める」を選択します。

※この項目の詳細はこちらの記事をご参照ください。

112401.png

 

7. [登録]をクリックします。

 

補足
・設定後、過去の集計データに変更を反映するには、勤怠データ再計算を実施してください。
・みなし勤務時間は、出退勤予定や、みなし勤務開始/終了時刻に設定された時間帯によって、「所定時間」または「深夜所定時間」などに計上されます。

画面上部に戻る

 

休暇取得方法「パターン使用」の場合

1. 設定 > スケジュール > パターン設定 > 全日休暇パターン(「有休」など)の[編集] > 休暇情報カテゴリの[詳細]をクリック > みなし勤務時間を入力し、登録します。

※全日休暇取得時は、この時間を休暇みなし時間として計上します。

112902.png

 

項目名 説明
[ ]時間[ ]分 入力した時間を、みなし勤務時間として計上します。
雇用区分又は、従業員毎に設定された「日の契約労働時間」をみなし勤務時間として計算する   雇用区分設定または従業員設定に登録された「日の契約労働時間」をみなし勤務時間として計上します。

両方に登録されている場合は、従業員設定の値が適用されます。

 

2. 設定 > スケジュール > パターン設定 > 勤務パターン(「通常勤務」など)の[編集] > 半日勤務カテゴリ > 午前出勤パターン登録の[設定] > 午後半休みなし勤務時間を入力します。

※午後半休取得時は、この時間を休暇みなし時間として計上します。

112901.png

 

項目名 説明
[ ]時間[ ]分 入力した時間を、みなし勤務時間として計上します。
雇用区分又は従業員毎に設定されている「日の契約労働時間×0.5(小数点以下切上げ)」を午後半休みなし勤務時間とする 雇用区分設定または従業員設定に登録された「日の契約労働時間」を0.5倍した時間を、みなし勤務時間として計上します。

両方に登録されている場合は、従業員設定の値が適用されます。

 

3. 同様に、午後出勤パターン登録の[設定] > 午前半休みなし勤務時間を入力し、登録します。

※午前半休取得時は、この時間を休暇みなし時間として計上します。

 

4. 設定 > 従業員 > 雇用区分設定 > [編集] > 休暇関連カテゴリの[詳細]をクリック > 半日休暇・時間休暇取得時の所定時間への加算にて、半日休暇や時間単位休暇を取得したときにみなし勤務時間を加算したい休暇区分にチェックします。

112903.png

 

5. その下の項目「休暇みなし時間の残業計算への算入」も続けて設定します。

  • 実労働時間だけで残業をカウントする場合は、「含めない」を選択します。
  • 実労働時間とみなし勤務時間の合計時間で残業をカウントする場合は、「含める」を選択します。

※この項目の詳細はこちらの記事をご参照ください。

112402.png

 

6. [登録]をクリックします。

 

補足
・設定後、過去の集計データに変更を反映するには、勤怠データ再計算を実施してください。
・「休暇パターン使用」の場合は、みなし勤務時間は「所定時間」にしか計上できません。

画面上部に戻る

 

みなし勤務時間が計上されるタイミングについて

みなし勤務時間は、休暇を取得する当日以降に計算されます。休暇を未来日で取得する予定になっている場合は、当日がくるまで計上されません。

 

補足
AM/PM半休の場合、打刻をしないとみなし勤務時間が計上されません。
この記事は役に立ちましたか?
15人中6人がこの記事が役に立ったと言っています