所属異動またはヘルプ勤務時のスケジュールの事前登録方法

所属異動やヘルプ勤務時のスケジュールを一般管理者が事前に登録する場合、一般管理者の権限設定の変更、もしくは従業員の「出勤所属」を変更することで可能です。それぞれの手順を解説します。

 

目次

 

一般管理者の権限設定

異動・ヘルプ先の管理者に従業員の現在の所属・雇用区分に対してスケジュール管理権限を付与し、スケジュール管理画面を「表示条件の指定」で異動前の所属・雇用区分が選択された状態で表示します。これにより、異動日前の時点でも異動予定の従業員のスケジュールが編集できるようになります。

 

管理権限の付与については、こちらをご参照ください。

 

「出勤所属」の変更

以下手順で、全権管理者にて「出勤所属」を事前に変更してください。

 

変更手順

1. 管理画面ホームにある「スケジュール管理」のアイコン、または全メニュー > スケジュール管理よりスケジュール管理画面を開いてください。

 

2. 表示条件の指定エリアで、対象者の異動前の所属を選んで[表示]ボタンを押してください。表示エリアに現れた[スケジュール登録]ボタンを押すと、選択した所属のスケジュール登録画面が表示されます。

 

3. 「コピー元スケジュール」の「詳細項目設定」をクリックします。

schedule.png

 

4. 「出勤所属」という項目があります。ここで異動・ヘルプ先の所属を選択し、対象日の勤務日にチェックを入れていきます。

image_939.png

 

5. 事前にスケジューリングする必要のある勤務日全てにチェックを入れたら、[保存]ボタンで確定します。

 

上記作業により、異動・ヘルプ先所属の一般管理者がスケジュールを登録できるようになります。併せて、異動・ヘルプ先所属のみで使用可能なパターンの使用も可能になります。

 

必要な内部設定

本手順でスケジュールを組めない場合は、内部設定「ヘルプ出勤表示」が非表示になっている可能性がございます。本機能を利用するには、サポートセンターへ「ヘルプ出勤表示」を「表示する」への変更をご依頼ください。

 

ご注意

スケジュールを「自動スケジュール設定」で登録している場合、異動先所属の自動スケジュールは異動日以降の深夜に反映されます。そのため、異動先所属の自動スケジュールを反映するには、異動日前日に異動日以降のスケジュールを削除する、もしくは手動でスケジュールを変更してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています