【変形労働 / フレックスタイム】「所定外へ計上するが、残業へは計上しない」項目の設定方法 / 計算仕様

変形労働設定画面 > 共通カテゴリ > 「休暇みなし時間の所定外・残業計算への算入」の「所定外へ計上するが、残業へは計上しない」項目は、基準時間を超過した休暇みなし時間を「残業」に計上するか、「所定外」に計上するかを設定するための項目です。

 

チェックを入れない場合と入れた場合でどのように集計が変わるか、解説します。

 

※変形労働設定の詳細はこちらの記事をご参照ください。

2023-01-30_17h41_46_02.png

 

設定内容 説明
チェックなし 基準時間を超過した休暇みなし時間を「残業」に計上します。
チェックあり 基準時間を超過した休暇みなし時間を「所定外」に計上します。

 

補足

休暇みなし時間は法律上、「残業」として計上する必要はありません。

 

設定条件

以下の条件を満たす場合に「所定外へ計上するが、残業へは計上しない」項目の設定が可能です。

 

表示条件

雇用区分設定 > 休暇関連カテゴリの「詳細」 > 「休暇みなし時間の所定外・残業計算への算入」で「休暇みなし時間を所定外・残業計算に含める(所定外・残業時間へ計上する)」を選択している場合に、本項目が表示されます。

 

利用条件

変形労働設定画面 > 月単位カテゴリで以下2つを選択している場合に、本項目を設定できます。

  • 条件1:
    「変形労働タイプ」項目で「フレックス」を選択

     

  • 条件2:
    ・「基準時間」項目で「所定時間を超過した勤務は所定外としてカウントする」を選択
    または
    ・「基準時間までは所定外としてカウントする」を選択

 

集計例

基準時間まで労働後、有休8時間を取得した場合の集計例です。

  • 所定労働時間:150時間
  • 基準時間:160時間
  • 実労働時間:160時間
  • 有休:8時間(実労働160時間以降に取得)

 

「所定外へ計上するが、残業へは計上しない」チェックなし

基準時間を超過した実労働時間と休暇みなし時間が、残業時間となります。

このため基準時間超過以降に取得した「有休:8時間」は、「残業」に計上されます。

2023-01-13_14h46_35.png

2023-01-13_14h07_12.png

 

「所定外へ計上するが、残業へは計上しない」チェックあり

基準時間を超過した実労働時間のみ、残業時間となります。

このため基準時間超過以降に取得した「有休:8時間」は、「所定外」に計上されます。

2023-01-13_14h47_29.png

2023-01-13_14h21_31.png

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています