【デスクトップ版タイムレコーダー】エラーコード、エラーメッセージ一覧

デスクトップ版タイムレコーダーで表示されるエラーコードとエラーメッセージの一覧、およびその原因と対処方法です。エラーが表示された際にご参照ください。

 

目次

 

エラーコードあり

コード メッセージ 発生状況 原因 対処方法
000 接続文字列が正しくありません 接続先変更時 タイムレコーダーに設定されている接続文字列が正しくない タイムレコーダーに正しい接続文字列を設定してください(詳細はこちら)。
004
005
006
007
010
  • データの取得に失敗しました

  • データの更新に失敗しました
  • 接続先変更時

  • データ更新時
  • KING OF TIMEサーバーとの通信に失敗した

  • PC上の設定ファイルから情報を取得できなかった
  • インターネット接続状況をご確認ください。アクセス許可が必要な場合は、以下を許可してください。
    • ドメイン:*.kingoftime.jp
    • プロトコル:HTTPS
    • ポート番号:443,123,80

  • プロキシサーバーを利用している場合は、プロキシ設定をご確認ください(詳細はこちら)。

  • セキュリティソフトを利用している場合は、以下のフォルダを除外設定してください。
    • C:¥ProgramData
      ¥h-t.co.jp¥kingoftime
    • C:¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Apps¥2.0
※ProgramDataは隠しフォルダです。エクスプローラーの「表示」タブより「隠しファイル」にチェックを入れて、ご確認ください。

※「ユーザー名」階層はPCアカウントにより表示が異なります。「ユーザー名」階層内の「AppData」以降が存在するフォルダをご確認ください。

008 データの取得に失敗しました 接続先変更時 「タイムレコーダー接続文字列設定」画面にて[保存する]をクリックした際に、タイムレコーダーの起動に必要なデータが不足している

以下を確認したうえで[保存する]をクリックしてください。

  • 「タイムレコーダー接続文字列設定」欄、「証明書」欄に正しいデータが設定されているか、ご確認してください(詳細はこちら)。

  • 「004,005,006,007,010」の対処方法に記載の内容をご確認ください。
009 アクセス元のIPが許可されていません
  • 初期設定時
  • 接続先変更時
  • データ更新時
タイムレコーダー用PCのIPアドレスがIPアクセス制限機能によりブロックされている タイムレコーダー用PCのIPアドレスを「タイムレコーダー許可IPアドレス」に追加してください(詳細はこちら)。
012 証明書が正しくありません
  • 初期設定時
  • 接続先変更時
  • データ更新時
タイムレコーダーに設定されている証明書が正しくない タイムレコーダーに正しい証明書を設定してください(詳細はこちら)。

※メールに記載の「証明書表示URL」リンクを開き、画面左上の[証明書をコピー]より証明書をクリップボードにコピーして、貼り付けてください。
999
  • データの更新に失敗しました

  • 予期せぬ例外が発生しました
  • データ更新時
  • 接続先変更時
タイムレコーダーで対処できない何らかの障害が発生した

以下を確認したうえでタイムレコーダーを再起動してください。

  • 「004,005,006,007,010」の対処方法に記載の内容をご確認ください。

  • タイムレコーダーを再インストールしてください。

 

画面上部に戻る

 

エラーコードなし

メッセージ 発生状況 原因 対処方法
  • ICカードリーダーが切断されました。接続を確認してください

  • ICカードリーダーが切断されました。接続を確認後、再度認証してください
  • 認証登録時
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時([タイムカード]クリック時)
認証デバイスがICカードを読み取れなかった
  • 認証デバイスが正しく情報を読み取れるように、ICカードをかざし直してください。

  • 何度も表示される場合は「NFCポート自己診断」を実施し、認証デバイスとの通信を確認してください。
    • 通信に問題ない場合:
      認証デバイスやドライバは問題ありません。別のICカードでご確認ください。

    • 通信に問題ある場合:
      認証デバイスのドライバをアンインストールのうえ、再度インストールしてください。認証デバイスのケーブルをPCのポートに差し直してください。可能であれば認証デバイスやケーブルを交換してください。
エラーを特定できません ブラウザ起動時([出勤情報]や[タイムカード]クリック時) タイムレコーダー用PCにWEBブラウザがない WEBブラウザをインストールしてください。
この機能はオンライン時のみ利用できます
  • 認証登録時
  • データ更新時
インターネット未接続の状態で[認証登録]や[データ更新]をクリックした インターネットに接続したうえで[認証登録]や[データ更新]をクリックしてください。
  • サーバーに接続できませんでした

  • サーバーへの接続に失敗しました

  • 接続に失敗しました

  • 例外が発生しました
  • 認証登録時
  • ヘルプ登録時
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
  • 初期設定時
  • 接続先変更時
  • データ更新時
インターネット接続が一時的に切断された
  • インターネット接続状況をご確認ください。

  • しばらく時間をおいてから再度操作してください。
すでに登録済みの情報です。 重複して登録することはできません 認証登録時 登録しようとしている認証情報が、別の従業員の認証情報として既に登録されている

別の認証情報を登録してください。

  • IC認証:ICカードを変更してください。
  • 生体認証:別の指を登録してください。
パスワードが正しくありません
  • 認証登録時
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
入力されたパスワードが正しくない パスワードをご確認のうえ、再度入力してください。
パスワードが入力されていません
  • 認証登録時
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
パスワードが入力されていない パスワードを入力してください。
パスワードによる打刻が許可されていません
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
パスワード打刻が許可されていない従業員が、パスワード打刻しようとした 該当者を「パスワード打刻を許可する」に設定してください(詳細はこちら)。
ログインIDまたは従業員コードが入力されていません
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
ログインIDまたは従業員コードの入力が必要な画面で、これらを入力していない ログインIDまたは従業員コードを入力してください。
一致率の高い複数の従業員が見つかりました。ログインIDまたは従業員コードを入力してから再度認証してください
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
指ハイブリッド認証で「ログインID(または従業員コード)」+「指情報」の2要素認証を設定していて、指認証による打刻時に、一致率の高い複数の従業員が見つかった ログインIDまたは従業員コードを入力して、再度認証してください(詳細はこちら)。
一致率の高い複数の従業員が見つかりました。認証情報の再登録が必要ですので、管理者にご連絡ください
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
2要素認証を設定していない指ハイブリッド認証、または指ハイブリッド認証以外の生体認証による打刻時に、一致率の高い複数の従業員が見つかった
  • 再度認証してください。

  • 何度もエラーになる場合は、こちらの対処方法をお試しください。それでもエラーになる場合は、認証情報を再登録してください(詳細はこちら)。別の指の登録もご検討ください。
該当する従業員が見つかりません
  • 認証登録時
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
入力したログインIDまたは従業員コードに合致する従業員が存在しない 正しいログインIDまたは従業員コードを入力してください。
既に打刻受け付け済みです 打刻時 「同一コードの再認証間隔」の時間内に連続打刻した
  • 該当者のタイムカード画面にて既に打刻記録されていることを確認してください。

  • 「打刻履歴を表示」に設定することで、タイムレコーダー画面上に打刻履歴を表示することも可能です(詳細はこちら)。
  • 勤務時間の記録に失敗しました

  • 打刻の保存に失敗しました。タイムレコーダーを再立ち上げしてもう一度打刻して下さい
打刻時 オフライン打刻の記録に失敗した タイムレコーダーを再起動し、再度打刻してください。
検出された認証データは「“従業員名”(“従業員コード”)」に登録済みです 認証登録時 登録しようとしている認証情報が、該当者の従業員の認証情報として既に登録されている

別の認証情報を登録してください。

  • IC認証:ICカードを変更してください。
  • 生体認証:別の指を登録してください。
従業員が選択されていません
  • 認証登録時
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
従業員の選択が必要な画面で、従業員を選択していない 従業員を選択してください。
従業員コードが入力されていません 認証登録時 従業員コードの入力が必要な画面で、従業員コードを入力していない 従業員コードを入力してください。
証明書が正しくありません
  • 認証登録時
  • 打刻時
[証明書]に設定されている文字列が正しくない タイムレコーダーに正しい証明書を設定してください(詳細はこちら)。

※メールに記載の「証明書表示URL」リンクを開き、画面左上の[証明書をコピー]より証明書をクリップボードにコピーして、貼り付けてください。
打刻による休憩が許可されていません 打刻時 打刻休憩が許可されていない従業員が打刻した 雇用区分設定で「打刻休憩:許可する」に設定してください(詳細はこちら)。
入社日以前の打刻です 打刻時 入社日前に打刻した 入社日以降に打刻してください。
退社日以降の打刻です 打刻時 退職日以降に打刻した 退職していない場合は「退職日」を削除したうえで打刻してください。
登録用認証データの検出が中止されました 認証登録時
  • A:ユーザーによって登録操作が中止された

  • B:(指紋認証)認証デバイスで対処できない何らかの障害が発生した
  • A:再度操作してください。

  • B:認証デバイスを接続し直し、再度操作してください。
登録用認証データの生成に失敗しました 認証登録時 生体認証デバイスで認証情報が読み取れなかった 認証デバイスが正しく情報を読み取れるように、再度認証登録してください(生体認証のコツはこちら)。
認証に失敗しました
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
  • A:認証デバイスで認証情報が読み取れなかった

  • B:内部で時刻調整中に操作した

  • C:タイムレコーダーの所属が打刻可能所属として登録されていない
  • A:認証デバイスが正しく情報を読み取れるように、再度認証登録してください(生体認証のコツはこちら、再登録方法はこちら)。

  • B:しばらく時間をおいてから再度操作してください。

  • C:タイムレコーダーの所属に対してヘルプ登録してください。
認証可能な最大人数を超えています。 管理者にご連絡ください
  • 打刻時
  • ブラウザ起動時
生体認証デバイスで、所属単位で判別可能な最大パターン数を超過した人数を登録した 所属を分割して従業員をそれぞれに割り当てるなどをして、最大パターン数内に収まるようにしてください。
認証機器の初期化に失敗しました。認証機器の接続を確認してタイムレコーダーを再起動して下さい
  • タイムレコーダー起動時
  • 認証登録時
  • 打刻時
  • 認証デバイスが接続されていない

  • 認証デバイスが認識されていない

  • ドライバがインストールされていない

  • 接続文字列が誤っている
こちらを参照し、対処してください。
予期せぬ例外が発生しました ブラウザ起動時([出勤情報]や[タイムカード]クリック時) Windows上で何らかの障害が発生した Windowsを再起動してください。

 

画面上部に戻る

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています