保険料などの計算基礎となる給与額を設定できますか?

可能です。設定方法を解説します。

 

設定方法

1. 管理画面 > 従業員一覧 を開き、対象従業員をクリックします。次の画面で[編集]をクリックします。

 

2. [給与]タブを開きます。

2023-09-19_14h08_52.png

 

3. 「支給形態」項目で「月給制(完全)」または「日給月給制」を選択します。

230919_2.png

 

4. 「基本給」項目が表示されます。「金額」欄に基本給を入力します。入力した金額が保険料の計算基礎となります。

交通費なども保険料の計算基礎に含ませたい場合は後述の手順をご参照ください。

2023-09-19_14h12_06.png

 

5. 設定した金額を元に、「標準報酬月額(健康保険)」と「標準報酬月額(厚生年金保険)」を自動計算することもできます。[社会保険 労働保険]タブをクリックします。

2023-09-19_14h13_00.png

 

6. 「標準報酬月額(健康保険)」と「標準報酬月額(厚生年金保険)」の項目には 「社会保険報酬月額の計算対象の合計は~」という文章が表示されています。[反映]をクリックすると、基本給を元に計算された金額と等級が表示されます。問題なければ保存します。

2023-09-19_14h13_59.png

 

 

標準報酬月額(厚生年金保険)

2023-09-19_14h14_06.png

 

標準報酬月額(健康保険)

2023-09-19_14h15_32.png

 

基本給以外の手当を、保険料の計算基礎に含む場合

初期状態では「基本給」だけが保険料の計算基礎に含まれます。交通費などの手当を計算基礎に含ませたい場合、以下の方法で項目の作成と金額を設定します。

 

1. 管理画面 > 企業情報 を開きます。

 

2. 給与規定 > [支給項目]タブを開きします。

2023-09-19_14h17_07.png

 

3.[月給制(完全)]をクリックします。

2023-09-19_14h18_10.png

 

4. [編集]をクリックします。

2023-09-19_14h19_05.png

 

5. [+給与の項目を追加]をクリックします。

2023-09-19_14h22_07.png

 

6. 名称、入力方法、単位を設定します。

016_13.png

 

7. 何の計算対象に含めるかをチェックし、[保存]します。

016_14.png

 

8. 作成した項目は、従業員情報の[給与]タブに表示されます。こちらで金額を設定します。

016_15.png

 

作成項目の削除

作成した給与項目は、いずれかの従業員に金額を設定している、もしくは、設定履歴が存在すると削除できません。設定金額と設定履歴を削除したうえで不要な項目を削除してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています