法定調書合計表データの出力方法と集計条件

法定調書合計表データの出力方法と集計方法について解説します。

 

目次

 

法定調書合計表データの出力方法

1. メニュー「年末調整」 > 「令和◯年分年末調整」 > 従業員一覧画面を開きます。

 

2. 画面右上の「帳票・CSV出力」をクリックし、「法定調書合計表データ」を選択します。

2023-11-24_15h07_26.png

 

3. 出力データの種類を選択して[出力]をクリックします。CSVファイルがダウンロードされます。

2023-11-24_15h08_48.png

 

出力データの種類

給与所得の源泉徴収票合計表への転記用

「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の「1 給与所得の源泉徴収票合計表」欄(赤枠部分)のレイアウトでデータを出力します。

2023-11-24_15h13_11.png

 

2023-11-24_15h14_20.png

 

「(A)俸給、給与、賞与等の総額」の内訳

集計対象となる従業員の「(A)俸給、給与、賞与等の総額」の内訳データを出力します。

 

「(B)源泉徴収票を提出するもの」の内訳

集計対象となる従業員の「(B)源泉徴収票を提出するもの」の内訳データを出力します。

 

画面上部に戻る

 

法定調書合計表データの集計条件

法定調書合計表データは次の条件で集計されます。

 

  • (A)俸給、給与、賞与等の総額:
    年末調整の進捗状況が「確定」である従業員
    ※ただし「人員」項目については税区分が「丙」以外の従業員

  • (A)のうち、丙欄適用の日雇労務者の賃金:
    年末調整の進捗状況が「確定」かつ税区分が「丙」の従業員

  • (B)源泉徴収票を提出するもの:
    年末調整の進捗状況が「確定」かつ源泉徴収票が「税務署提出対象」である従業員

 

「税務署提出対象」である従業員の確認方法

源泉徴収票が「税務署提出対象」であるかどうかは、計算時に自動判定されます。従業員一覧画面の計算タブで確認できます。

 

1. メニュー「年末調整」 > 「令和◯年分年末調整」 > 従業員一覧画面を開きます。

 

2. 計算タブを開き、「税務署提出」項目を確認します。チェックが入っている場合は「税務署提出対象」です。

2023-11-24_15h37_43.png

 

「税務署提出対象」設定の変更方法

「税務署提出対象」設定は手動で変更できます。必要に応じて次の手順で変更してください。

 

1. メニュー「年末調整」 > 「令和◯年分年末調整」 > 従業員一覧画面を開きます。

 

2. 対象従業員の氏名をクリックして従業員の詳細画面を表示し、[確定を解除する]、[編集]をクリックします。

2023-11-24_15h56_49.png

 

3. 左メニューの「本人」をクリックし、本人と家族の情報カテゴリ > 本人 > 源泉徴収票の税務署提出 にて、設定変更します。

2023-11-24_15h59_20.png

 

  • 源泉徴収票を税務署提出しない: チェックなし
  • 源泉徴収票を税務署提出する: チェックあり

 

4. [保存]をクリックし、[この従業員の年末調整を確定する]をクリックします。

2023-11-24_14h30_06.png

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています