年末調整を再調整(再年調)する方法

年末調整の確定後に扶養情報や所得税情報の変更があった場合に再調整(再年調)を行い、給与または賞与にて過不足税額の差額を反映させる手順について説明します。

 

補足

記事内の画像をクリックすると拡大表示されます。

 

目次

 

【手順1】確定済みの年末調整データをバックアップ

※再計算後は確定済みのデータが残りません。必要な情報はバックアップしてください。


1. 従業員一覧画面の[帳票・CSV出力]から 「年末調整データCSV出力」をクリックします。

image17.png

 

2. バックアップが必要な出力対象のデータを選択後、[出力]ボタンをクリックすることで、CSVデータが出力できます。

image27.png

 

画面上部に戻る

 

【手順2】対象従業員の年末調整の確定を解除

1. 従業員一覧画面から対象従業員をクリックします。

 

2. 詳細画面内の[確定を解除する]ボタンをクリックします。

 

3. 進捗状況が「確認済」または「収集不要」に変更され、編集や計算が可能になります。

 

画面上部に戻る

 

【手順3】入力内容を修正し、過不足税額を再計算

管理者が申告書の収集を行った従業員行っていない従業員で場合を分けて解説します。

 

申告書の収集を行った従業員(進捗状況が「確認済」)の場合

1. 確定解除後、[編集]ボタンをクリックします。

 

2. 進捗状況を「提出済」へ変更し、[保存]ボタンをクリックします。

 

3. 修正する申告書をクリックします。

 

4. 申告書画面の [編集]ボタンをクリックし、入力内容を修正します。

 

5. 修正後、[保存]ボタンをクリックします。

 

6. [閉じる]ボタンをクリックし詳細画面へ戻ります。

 

7. [編集]ボタンをクリックします。

 

8. 進捗状況を「確認済」に変更後、[計算]ボタンをクリックします。年税額と過不足額の精算欄から再計算後の過不足税額を確認後、[保存]ボタンをクリックします。

 

9. [この従業員の年末調整を確定する]ボタンをクリックします。

 

10. [実行]ボタンをクリックします。

 

画面上部に戻る

 

申告書の収集を行っていない従業員(進捗状況が「収集不要」)の場合

1.[編集]ボタンをクリックします。

 

2. 修正が必要な項目の内容を入力し、[人事情報の再取得]をクリックします。

※[人事情報の再取得]をクリックすると、従業員本人や登録済みの家族情報も上書きされます。追加情報以外についても再度ご確認ください。

 

ご注意

KING OF TIME 人事労務に未登録の家族を新たに扶養親族とする場合、本画面からの追加はできません。KING OF TIME 人事労務で家族情報を登録した後に本画面に戻り、[人事情報の再取得]をクリックしてください。

 

3. [計算]ボタンをクリックします。年税額と過不足額の精算欄から再計算後の過不足税額を確認後、[保存]ボタンをクリックします。

 

4. [この従業員の年末調整を確定する]ボタンをクリックします。

 

5. [実行]ボタンをクリックします。

 

画面上部に戻る

 

【手順4】確定済みの過不足税額と再計算後の過不足税額の差額を計算

1. 従業員一覧画面の[計算]タブをクリックし、過不足税額欄の内容を確認します。

 

2. 給与計算または賞与計算画面へ移動します。確定済み過不足税額の給与または賞与を選択後 [計算結果の表示]ボタンをクリックし、対象従業員をクリックします。

 

3. 過不足税額を確認します。

 

4. 「1.」に記載の再計算後の過不足税額と「3.」に記載の確定済み過不足税額の差額を手計算します。

 

画面上部に戻る

 

【手順5】過不足税額の差額を給与または賞与に登録

1. 過不足税額の差額を調整する給与または賞与を選択後 [計算結果の表示]ボタンをクリックし、対象従業員をクリックします。

 

2. [編集]ボタンをクリックします。

 

3. 「年調過不足税額」欄に差額を入力し、[計算]ボタンをクリックします。

 

4. [保存]ボタンをクリックします。

 

ご注意

1月支給の給与で再年調した過不足税額の差額を調整する場合、計算画面上の[過不足税額反映]ボタンはクリックしないでください。12月支給の給与または賞与で反映済みの過不足税額が二重に反映され、手入力した差額は上書きされてしまいます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています