「シフト自動作成関連設定」の設定方法(勤務可能日設定 / 業務習熟度設定)

設定 > スケジュール > シフト自動作成関連設定 では、シフト自動作成機能に関連する設定を行います。特に業務習熟度設定は必須となります。

 

ご注意

本機能は、設定 > その他 > オプション > スケジュール設定カテゴリ > シフト管理機能 が「使用する」に設定されているときに使用できます。

 

勤務可能日設定

従業員ごとに、各曜日の勤務可能な時間帯を設定します。シフト自動作成機能では、本設定を参考情報の1つとして、システム側で従業員ごとの勤務日時を選定します(詳細はこちら)。

※全権管理者、または「スケジュール管理」権限が「◯閲覧・編集」以上の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > スケジュール > シフト自動作成関連設定 > [勤務可能日設定]タブ を開きます。対象となる所属を選択して[表示]をクリックします。

 

2. 対象従業員の[編集]をクリックします。

 

3. 各曜日の勤務可能な時間帯を設定します。

2024-05-27_11h25_15.png

番号 項目名 説明
1 出勤時刻 勤務可能な時間帯の開始時刻を入力します。
2 退勤時刻 勤務可能な時間帯の終了時刻を入力します。
3 終日勤務可能 勤務時間の指定がなく、終日勤務できる場合にチェックします。
4 追加 2つ以上の時間帯を設定したい場合にクリックします。入力欄が追加されます。最大5つまで設定可能です。

※未入力の場合は、「終日勤務可能」と同じ扱いになります。休み希望については、従業員が、従業員画面 > [勤務希望時間]より登録してください。

 

4. 入力が完了したら[保存]をクリックします。

 

補足

インポートによる一括登録も可能です。詳細はこちらをご参照ください。

 

業務習熟度設定

従業員ごとに、各業務の習熟度を登録します。シフト自動作成機能を使用する場合は必須の設定です。シフト自動作成機能では、時間帯ごとの従業員の業務習熟度平均が2.6以上になるようにシフトが作成されます(ただし条件によっては平均2.6に満たない場合があります)。

※全権管理者、または「スケジュール管理」権限が「◯閲覧・編集」以上の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > スケジュール > シフト自動作成関連設定 > [業務習熟度設定]タブ を開きます。対象となる所属を選択して[表示]をクリックします。

 

2. 対象業務の鉛筆マーク(編集)をクリックします。

2024-05-27_11h44_03.png

 

3. 各従業員の、対象業務に対する習熟度を設定します。

2024-05-27_11h49_59.png

番号 項目名 説明
1 習熟度

対象業務の習熟度を、従業員ごとに1~5の5段階で設定します。

  • 1: 未経験、非常に経験が浅い
  • 2: 指示を受け作業ができる
  • 3: 一人で業務遂行可能
  • 4: 習熟度2以上の相手に指示を出せる
  • 5: 習熟度1以上の相手に指示を出し、業務遂行可能
2 対象外 習熟度を登録したくない従業員は対象外を選択します。シフト自動作成時の考慮対象外になります。初期値はすべての従業員が「対象外」になっています。

 

補足

インポートによる一括登録も可能です。詳細はこちらをご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています