管理者が自身のパスワードを変更する方法

管理者が自身のパスワードを変更する手順について解説します。

 

目次

 

事前設定(一般管理者の場合)

一般管理者が自身のパスワードを変更するには、以下の権限設定が必要です。

※全権管理者だけが可能な操作です。

 

設定 > 管理者 > 管理者設定 > 対象管理者の[編集]>「基本設定権限」カテゴリ内「ログインパスワードの変更権限」にて「◯可能」を選択して登録します。

 

管理者自身のパスワードを変更する

1. 自身の管理者アカウントにログインします。

 

2. 設定 > 管理者 > 管理者設定 > 自身の管理者名の[編集]をクリックします。

 

3. 「ログインパスワード」項目の[パスワード変更]ボタンをクリックします。

 

4. 現在のパスワードと、新しく設定するパスワードを入力し、[パスワードを変更する]ボタンをクリックします。

image_1064.png

 

5. 管理者登録画面に戻りますので[登録]ボタンをクリックして完了です。

 

ワンポイント

一般管理者は、事前設定の権限設定がされていないと「ログインパスワード」項目は表示されません。全権管理者に権限設定の変更をご依頼ください。

 

全権管理者が操作する場合

1. 設定 > 管理者の設定 > 対象管理者の[編集] > 「ログインパスワード」項目にて [パスワード変更]または[パスワードリセット]ボタンをクリックします。

 

パスワード変更

仮パスワードを任意に設定する方法です。

 

1.[パスワード変更]ボタンをクリックすると、仮パスワードの入力画面が表示されます。任意の仮パスワードを入力して、[パスワードを変更する]ボタンをクリックします。


2. 登録画面に戻りますので、[登録]ボタンをクリックしてください。

 

3. 変更後、該当者は新しく設定した仮パスワードでログインします。「現在のパスワード」に仮パスワードを入力し、任意の本パスワードを設定してください。

image_1065.png

 

パスワードリセット

パスワードをリセットする方法です。

 

1. [パスワードリセット]ボタンをクリックすると、リセット確認画面が表示されます。送信先のメールアドレスを確認し、[リセット実行]をクリックしてください。送信先メールアドレスには、該当者に登録されているアドレスが表示されますが、任意にアドレスを入力することもできます。

 

2. パスワードがリセットされ、「パスワード変更画面」のリンクがメールで届きます。

※リンクの有効期限はメール送信から24時間です。

 

3. 該当者がリンクにアクセスすると、パスワード変更画面が表示されます。「新しいパスワード」に任意のパスワードを、確認用に同じパスワードを入力して[パスワードを変更する]ボタンをクリックしてください。
※今後は、新しく設定したパスワードでログインできるようになります。 

image_1066.png

 

管理画面へのログイン・ログアウトの履歴は記録され、確認できます。 上記手順のパスワード変更画面へのアクセスも「通常」のログインとして記録されます。詳細はこちら

 

設定可能なパスワードについて(パスワードポリシー)

設定可能なパスワードは、設定 > 企業の設定 > 「パスワードポリシー設定」の設定内容に準じます。

image_1067.png

 

「パスワードポリシー設定」の項目が表示されず、本機能を利用するには、サポートセンターへ「パスワードポリシー設定」の追加をご依頼ください。

 

※パスワードポリシーが設定されている場合は、パスワード変更画面に表示されます。

image_1068.png

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています