【タイムレコーダー】社外からの不正打刻を制限する設定方法(IPアクセス制限)

IPアクセス制限機能によって、特定のIPアドレスからしかタイムレコーダーにアクセスできないよう制限できます。これによって、社外からの不正打刻を防ぐことができます。

 

以下のタイムレコーダーが対応しています。

  • デスクトップ版タイムレコーダー
  • クラウドレコーダー
  • Myレコーダー
  • 携帯ブラウザ打刻

※IPアクセス制限を設定すると、その所属の従業員はスマートフォンアプリを起動できなくなります。スマートフォンアプリを利用している場合は本機能のご利用はお控えください。

 

ご注意
本機能を利用するには、サポートセンターによる内部設定が必要です。利用したい場合は、サポートセンターへ「IPアクセス制限機能」の追加をご依頼ください。
※管理者アカウントへの制限機能も同時に追加されます(詳しくはこちら)。

 

前提

プロバイダーと固定IPアドレスを契約している場合に有効です。動的IPアドレス(アクセスの度にIPアドレスが異なる)環境では利用できません。

 

許可IPアドレスにはグローバルIPアドレスを設定します。ローカルIPアドレスには対応していません。また、帯域登録はできません。

 

画面上部に戻る

 

設定方法

※全権管理者、または「所属 / タイムレコーダー設定」権限が「◯ 閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 組織 > タイムレコーダー設定 > 制限をかけたい所属の[編集] > ネットワーク設定カテゴリ > IPアクセス制限の[編集]をクリックします。

 

2. 許可するグローバルIPアドレスを入力します。「携帯電話・スマートフォンにも適用する」にチェックをいれると、Myレコーダー、携帯ブラウザ打刻にもIPアクセス制限が適用されます。

 

2022-04-12_13h06_52.png

 

3. [登録]をクリックします。次の行が自動的に追加されますので、複数のIPアドレスを許可する場合は、続けて入力し、登録します。IPアドレスの設定数に制限はありません。

 

4. すべてのIPアドレスを入力したら、画面左上の[< 戻る]をクリックします。タイムレコーダー登録画面に戻りますので、[登録]をクリックします。

 

IPアドレスを削除する場合
対象行の「削除」にチェックし、[登録]をクリックします。入力したIPアドレスをすべて削除すると、IPアクセス制限は無効となります。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
4人中1人がこの記事が役に立ったと言っています