【タイムレコーダー】初期設定時の「接続文字列」、「証明書」の役割

接続文字列、証明書とは、一部のタイムレコーダーの初期設定時に使用するコードです。この2つのコードによって、タイムレコーダーの企業アカウントや所属、認証デバイスなどを指定します。

 

接続文字列を使用するタイムレコーダー

  • デスクトップ版タイムレコーダー
  • iPad版タイムレコーダー

 

証明書を使用するタイムレコーダー

  • デスクトップ版タイムレコーダー
  • iPad版タイムレコーダー
  • クラウドレコーダー
  • BT-2500 / BT-2000 ※納品前にサポートセンターで設定

 

目次

 

接続文字列、証明書の役割

一部のタイムレコーダーでは、初期設定時に、接続文字列と証明書によって、タイムレコーダーの接続先サーバー、企業アカウント、所属、認証デバイスなどを指定します。

 

それぞれが保有する情報は、タイムレコーダーによって異なります。以下の一覧表をご参照ください。

 

タイムレコーダー名 接続文字列 証明書
デスクトップ版タイムレコーダー 認証デバイス ・接続先サーバー
・企業アカウント
・所属
※セキュリティキーとしても使用
iPad版タイムレコーダー ・接続先サーバー
・企業アカウント
・所属
・認証デバイス
保有情報なし
※セキュリティキーとしてのみ使用
クラウドレコーダー 保有情報なし
※セキュリティキーとしてのみ使用
BT-2500 / BT-2000 保有情報なし
※セキュリティキーとしてのみ使用

 

証明書の「セキュリティキー」機能
証明書は「セキュリティキー」としての役割も持っています。証明書を更新すると、新しい証明書をタイムレコーダーに設定するまで、該当タイムレコーダーは起動できなくなります。

万一、タイムレコーダー端末を紛失した場合は、証明書を更新し、タイムレコーダー機能を無効化することを推奨します(詳しくはこちら)。

 

画面上部に戻る

 

接続文字列、証明書の確認方法

接続文字列、証明書は、管理画面から確認できます。

※全権管理者、または「所属 / タイムレコーダー設定」権限が「△閲覧のみ」以上の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 組織 > タイムレコーダー設定 を開き、基本タイムレコーダー設定または所属別タイムレコーダー設定の[編集]をクリックします。

 

2. 動作設定カテゴリの「認証デバイス」項目が、利用したいデバイスになっているかどうかを確認します。変更した場合は[登録]をクリックします。

※認証デバイスによって、異なる接続文字列が発行されます。

2022-06-10_13h34_41.png

 

3. その他[≡]から、[タイムレコーダーURL送信]を選択します。

 

4. メール文章内に「接続文字列」と「証明書表示URL」が記載されています。

2022-06-10_13h14_57.png

 

証明書の確認方法
証明書はセキュリティの関係上、タイムレコーダーURL送信のメール内には直接記載されません。証明書表示URLをブラウザで開くことで確認可能です。URLの有効期間は48時間です。

管理者の場合、以下の手順によって、管理画面上で確認できます。

1. タイムレコーダーURL送信画面上部の[証明書表示]をクリックします。
2022-06-23_16h11_49.png

2. 次の画面に証明書が表示されます。[証明書をコピー]をクリックすると、証明書がクリップボードにコピーされます。
2022-06-27_11h11_09.png

 

画面上部に戻る

 

接続文字列、証明書の入力方法

タイムレコーダーの初期設定時に、入力欄に入力してください。

 

デスクトップ版タイムレコーダーの場合

2022-06-27_12h35_46.png

 

iPad版タイムレコーダーの場合

061002.jpg

 

クラウドレコーダーの場合

061001.png

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています