「休日出勤日数」や「休日労働時間」の集計方法

対象日の「勤務日種別」を「法定休日」または「法定外休日」とすることで、その日の勤務を休日出勤日数や休日労働時間として集計できます。

2023-05-29_13h51_01.png

 

補足
「勤務日種別」の詳細は、こちらの記事も併せてご参照ください。

 

目次

 

勤務日種別の設定方法

勤務日種別の設定方法を解説します。貴社の状況にふさわしい方法をご検討ください。

  • 定休日を設定する場合
  • 手動で休日を設定する場合

 

定休日を設定する場合

各曜日の勤務日種別をあらかじめ定めることができます。土日祝日など定休となる曜日がある場合に有効な設定です。

 

前提
祝日を休日とするときは、設定 > その他 > 祝日の設定 にて、事前に祝日を登録してください(詳細はこちら)。

 

1. 設定 > スケジュール > 自動スケジュール設定 を開きます。所属、従業員種別を選択して[表示]をクリックします。

 

2. 設定したい所属・雇用区分の行で[編集]をクリックします。

 

3. 定休となる曜日の「勤務日種別」にて「法定休日」または「法定外休日」を選択します。また、必要に応じて「パターン」などを選択します。

2023-05-24_15h12_41.png

※ご利用状況によって、上記画像と表示項目が異なる場合があります。

 

ポイント
自動スケジュール設定が反映されるタイミングは、こちらの記事をご参照ください。

 

手動で休日を設定する場合

勤務日種別を手動で登録できます。シフト制など、定休日となる曜日が決まっていない場合に有効な設定です。

 

1. 管理画面ホーム > よく使うメニュー > スケジュール管理 を開きます。所属を1つ選択し、対象年月を選択したら[表示]をクリックします。

 

2. [スケジュール登録]をクリックします。

 

3. 「(1)コピー元スケジュール」欄にて、割り当てたい「勤務日種別」を選択します。「(2)スケジュール表」にて、対象日にチェックを入れます。コピー元スケジュールで選択した設定が該当日に反映されます。

manualschedulesetting.png

 

4. [保存]をクリックします。

 

画面上部に戻る

 

休日出勤時の集計項目

勤務日種別に「法定休日」または「法定外休日」を選択した場合の集計項目は、以下の通りです。

※それぞれの定義はこちらの記事をご参照ください。

 

「法定休日」の集計項目

勤務日種別に「法定休日」を選択した場合の集計項目です。

  • 法定休日出勤日数
  • 法定休日所定時間
  • 法定休日所定外時間
  • 法定休日残業時間
  • 法定休日深夜所定時間
  • 法定休日深夜所定外時間
  • 法定休日深夜残業時間

 

「法定外休日」の集計項目

勤務日種別に「法定外休日」を選択した場合の集計項目です。

  • 法定外休日出勤日数
  • 法定外休日所定時間
  • 法定外休日所定外時間
  • 法定外休日残業時間
  • 法定外休日深夜所定時間
  • 法定外休日深夜所定外時間
  • 法定外休日深夜残業時間

 

「法定休日」と「法定外休日」の合計項目

勤務日種別に「法定休日」または「法定外休日」を選択した場合の集計項目です。例えば「休日所定時間」は「法定休日所定時間」と「法定外休日所定時間」の合算です。

  • 休日出勤日数
  • 休日所定時間
  • 休日所定外時間
  • 休日残業時間
  • 休日深夜所定時間
  • 休日深夜所定外時間
  • 休日深夜残業時間

 

画面上部に戻る

 

「法定休日」「法定外休日」それぞれの集計を確認する方法

「法定休日」「法定外休日」それぞれの集計を確認したい場合は、以下いずれかの方法で対応します。

 

1. 「休日を法定・法定外休日で表示」にチェックを入れる

月別データ画面やタイムカード画面の「表示条件の指定」欄で、「休日を法定・法定外休日で表示」にチェックをいれたうえで[表示]をクリックすると、月別データの休日労働時間を「法定休日」と「法定外休日」に分けて表示できます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

2023-05-29_14h48_32.png

 

2. 出力レイアウトに加えてエクスポートする

出力レイアウトの項目に加えることで、それぞれの集計値を出力して確認できます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

2023-05-29_14h34_13.png

 

3. カスタムデータ項目を作成する

カスタムデータ項目を作成することで、それぞれの集計値を画面上で確認できます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

ご注意:休暇取得日に打刻するとエラーになります。

「公休」など、休暇が割り当てられている日に打刻するとエラーになります。該当日の休暇取得を解除することでエラーが解消され、休日出勤日数や休日労働時間が計上されるようになります。

2023-05-24_14h53_04.png


エラー名
error.png

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
8人中2人がこの記事が役に立ったと言っています