勤務予定と勤務実績の差異を確認する方法(予実機能)

「予実機能」とは、入力されたスケジュールを元に勤務予定時間を算出し、実際の勤務(打刻に基づく実績データ)との差異を比較確認する機能です。

 

目次

 

詳細

本機能を利用する場合は、設定 > その他 > オプション > スケジュール設定カテゴリ > 予実機能にて、「使用する」を選択して登録します。

image_941.png

※「確定されたスケジュールとも比較可能」は、「予実比較用スケジュールを登録する」を使用する場合に設定します。

 

これによって、以下2つの機能が追加されます。

 

1. 「予実」タブ

日別データ、月別データ、組織別データ画面に[予実]タブと[予実カスタム]タブが表示されます。

2022-02-07_13h07_52.png

 

[予実]タブや[予実 カスタム]タブをクリックすると、集計が「予定」「実績」「差異」に分かれて表示されます。

image-1.png

※画像をクリックすると拡大されます。

 

補足

・「時間帯区分機能」を利用している場合は、同時に[予実 / 時間帯区分]タブや[予実 / 時間帯区分 カスタム]タブが追加され、時間帯区分ごとの予実を確認できます。

・「カスタムデータ項目設定機能」がオフになっている環境では、[予実 カスタム]タブは表示されません。

 

2. 「勤務時間合計を表示する」オプション

スケジュール管理画面に、「勤務時間合計を表示する」というチェックボックスが表示されます。

 

チェックを入れて表示すると、「合計」欄の表示が以下のように切り替わります。

箇所 デフォルト 「勤務時間合計を表示する」にチェック
最下段 該当日にスケジュール入力されている人数 該当日の勤務予定時間の合計
最右列 該当者にスケジュール入力されている日数 該当者の勤務予定時間の合計

 

補足

デフォルト値設定を変更すると、常にチェックを入れた状態で表示できます。

 

画面上部に戻る

 

予実比較用スケジュールを登録する

スケジュールが月の途中で変更になった場合でも、変更前の当初のスケジュールと実績を比較できる「予実比較用スケジュール」を登録できます。

 

事前設定

設定 > その他 > オプション > 「スケジュール設定」 > 「予実機能」 > 「確定されたスケジュールとも比較可能」にチェックを入れ、登録します。

 

登録方法

全メニュー > スケジュール管理 所属を1つ選択して表示すると、[予実比較用に登録]ボタンが表示されます。これをクリックすると、現在登録されているスケジュールを予実比較用のスケジュールとして登録できます。

020705_1.png

 

確認方法

スケジュール管理画面や月別データ画面「予実比較用スケジュールを表示する」にチェックを入れて表示すると、予実比較用スケジュールと現在のスケジュールを切り替えて確認できます。

※日別スケジュール画面には、予実比較用スケジュールの参照機能はありません。

020705_2.png

 

画面上部に戻る

 

補足:[予実 カスタム]タブの休暇取得日数について

[予実 カスタム]タブ内の「予定」欄は、「休暇取得日数」には対応していません。

 

カスタムデータ項目」のレイアウトに休暇取得日数が含まれる場合、[予実 カスタム]タブ内の「予定」欄に、「半日休暇」はカウントされますが、「全日休暇」はカウントされない仕様となります。

 

【例】「特休」を全日休暇で1回、半日休暇で1回、合計1.5日取得している。

2022-02-07_14h09_55.png

 

 ↓↓↓↓↓

 

[予実 カスタム]タブ内の「予定」欄、「特休取得日数」に、全日休暇はカウントされません。

2022-02-07_13h22_24.png

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています