スケジュールデータの編集時にスケジュールパターンが自動反映される原因と対処方法

スケジュール管理画面の[スケジュール登録](または対象従業員の[編集])にて、「勤務日種別」や「休暇区分」、「備考」などを登録すると、設定していないはずのスケジュールパターンが自動反映されることがあります。

 

スケジュール登録画面:

2023-10-13_11h08_58_2.png

 

 ↓↓↓

 

登録結果(タイムカード画面):

割り当てていないはずのパターンが登録されています。

101301.png

 

これは、スケジュール登録時に自動スケジュール設定(または従業員別自動スケジュール設定)が参照される仕様に起因しています。

 

自動スケジュール設定の設定例:

上記事例の場合、「金曜日」に設定された「通常勤務」パターンが参照され、自動で割り当てられました。

2023-10-13_11h03_01_2.png

 

このような場合に、スケジュールパターンを反映させないための対処方法を解説します。本記事のいずれかの方法で対応してください。

 

対処後の登録結果:

101302.png

 

目次

 

【方法1】該当日を祝日として登録する

該当日が本来は「祝日」であり、自動スケジュール設定(または従業員別自動スケジュール設定)の「祝日」スケジュールを反映させたい場合の対処方法です。

2023-10-13_11h03_01.png

 

1. 該当日を祝日として登録します(登録方法はこちら

2023-10-13_11h35_28.png

 

2. 管理画面ホーム > よく使うメニュー > スケジュール管理 > [スケジュール登録]を開きます。

 

3. いったん該当日のスケジュールを削除します。「(1)コピー元スケジュール」の「パターン」で「削除」を選択します。「(2)スケジュール表」の該当日にチェックを入れて[保存]をクリックします。

2023-10-13_11h36_14.png

 

3. 改めて、該当日のスケジュールを登録します。「(1)コピー元スケジュール」で該当項目を選択し、「(2)スケジュール表」の該当日にチェックを入れて[保存]をクリックします。

2023-10-13_11h39_49.png

 

画面上部に戻る

 

【方法2】勤務データ編集画面で登録する

勤務データ編集画面から編集する場合は自動スケジュール設定(従業員別自動スケジュール設定)は参照されません。該当日が「祝日」ではなく、対象者が少ない場合はこの方法で対処してください。

 

1. 管理画面ホーム > よく使うメニュー > 日別データ を開きます。

 

2. 対象日を選択して表示し、対象者の[編集]をクリックします。勤務データ編集画面が開きます。

 

3. 該当項目を編集し、[保存]をクリックします(詳細こちら)。

2023-10-13_11h47_55.png

 

画面上部に戻る

 

【方法3】自動スケジュール設定を一時的に削除する

該当日が「祝日」ではなく、勤務データ編集画面から個別に編集するには対象者が多すぎる場合、自動スケジュール設定を一時的に削除する必要があります。

 

1. 設定 > スケジュール > 自動スケジュール設定 を開き、該当曜日に設定されたパターンを削除します(設定方法はこちら)。

 

従業員別自動スケジュールをご利用の場合

インポートによる設定変更が便利です(詳細はこちら)。

 

2. 管理画面ホーム > よく使うメニュー > スケジュール管理 > [スケジュール登録]を開きます。

 

3. いったん該当日のスケジュールを削除します。「(1)コピー元スケジュール」の「パターン」で「削除」を選択します。「(2)スケジュール表」の該当日にチェックを入れて[保存]をクリックします。

2023-10-13_11h36_14.png

 

4. 改めて、該当日のスケジュールを登録します。「(1)コピー元スケジュール」で該当項目を選択し、「(2)スケジュール表」の該当日にチェックを入れて[保存]をクリックします。

2023-10-13_11h39_49.png

 

5. 意図通りにスケジュール登録できたことを確認したら、自動スケジュール設定(従業員別自動スケジュール設定)を、必ず元通りに設定し直してください

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
6人中1人がこの記事が役に立ったと言っています