スケジュールがあるのに、打刻がない勤務日をエラーにする方法

設定 > その他 > オプション > エラー勤務設定カテゴリ > 打刻なし / スケジュールあり にて「表示する」を選択し、[登録]します。

 

これによって、出勤予定日に1度も打刻されなかった場合に、エラー勤務として抽出されるようになります。なお、本機能で「出勤予定日」とみなされるのは、以下のいずれかです。

 

1. 対象日に通常勤務パターンが割り当てられている

2023-03-02_15h00_08.png

 

補足
パターンは、設定>スケジュール>パターン設定にて作成します。パターン作成時に、スケジュール種別で「通常勤務」を選択すると、通常勤務パターンになります(詳細はこちら)。

 

2. 対象日に出勤予定や退勤予定が直接登録されている(シフト)

2023-03-02_15h02_16.png

 

補足
該当日に「パターン」を割り当てずに、出勤/退勤予定や休憩予定を入力することができます。このような日は、スケジュール欄に「シフト」と表示されます。
2023-03-02_15h07_31.png

 

「打刻なし / スケジュールあり」エラーの確認方法

該当する勤怠がある場合、管理画面ホームの「対応が必要な処理」に「打刻なし / スケジュールあり」と表示されます。

2023-03-02_14h51_16.png

 

こちらをクリックすることで一覧が表示されます。

※全メニュー > エラー勤務 > [打刻なし / スケジュールあり]タブからも確認可能です。

2023-03-02_15h11_38.png

この記事は役に立ちましたか?
7人中5人がこの記事が役に立ったと言っています