役職者の申請承認フローを分ける方法

申請承認フローは、所属単位で設定する仕様となっています。フローを分けるには、所属を分割して運用する方法で対応してください。

 

所属を登録する方法については、こちらをご参照ください。

 

【例】

 虎ノ門店

     ↓

 虎ノ門店 - マネージャー

 虎ノ門店 - スタッフ

 

分割後、設定 > 管理者 > 申請承認フロー設定 > 対象所属の[編集]にて、それぞれのフローを設定してください。

 

補足1:所属グループ設定

勤務データの確認やCSVデータ出力は通常、所属単位で行いますが、所属を分けることでそれぞれの所属を選び、確認や出力をする必要が生じます。

複数の所属をグループ化する「所属グループ機能」を利用することで、所属グループ単位での確認や出力ができるようになります。

 

所属グループの設定方法については、こちらをご参照ください。

  

【組織登録イメージ】

 虎ノ門店(所属グループ)

   ┠ 虎ノ門 - マネージャー (所属)

   ┗ 虎ノ門 - スタッフ (所属)

 

 日本橋店 (所属グループ)

   ┠ 日本橋 - マネージャー (所属)

   ┠ 日本橋 - 課長 (所属)

   ┗ 日本橋 - スタッフ (所属)

 

補足2:ヘルプ登録設定

タイムレコーダーを所属ごとにセットアップしている場合に、本記事のように申請承認フロー単位で所属をわけたときは、ヘルプ登録が必要です。
ヘルプ登録をする事で、他所属のタイムレコーダーで打刻できるようになります。

こちらを参考にヘルプ登録を行って下さい。この際、「自所属として扱う」にチェックする事をおすすめします。
2023-12-12_14h01_25.png

 

ご注意

以下のタイムレコーダーをお使いの場合は、ヘルプ登録は不要です。

  • Myレコーダー
  • 携帯ブラウザ打刻
  • スマートフォンアプリ
  • デスクトップ版タイムレコーダーで、「基本タイムレコーダー」を使用している場合
この記事は役に立ちましたか?
8人中7人がこの記事が役に立ったと言っています