「申請承認フロー設定」の設定方法

設定 > 管理者 > 申請承認フロー設定 にて申請承認フローを設定できます。申請承認フローは所属単位で設定します。

 

目次

 

前提

事前に以下の設定が完了していることが前提です。

  • 申請承認フローに設定する管理者アカウントが登録されていること。
    未登録の場合、設定 > 管理者 > 管理者設定 >[新規登録]より管理者アカウントを登録してください。
  • 申請承認フローを設定する所属が登録されていること。
    未登録の場合、設定 > 組織 > 所属設定 > [新規登録]より所属を登録してください。

 

ポイント
申請承認フローは所属単位で設定します。役職者の申請承認フローを一般従業員とは別に設定したい場合は、所属を分割して運用する方法で対応してください(詳細はこちら)。

 

画面上部に戻る

 

設定方法

※全権管理者だけが可能な操作です。

1. 設定 > 管理者 > 申請承認フロー設定 を開きます。

 

2. 「基本申請承認フロー設定」または「所属別申請承認フロー設定」内の[編集]をクリックします。

※「所属別申請承認フロー」が設定されていないときは「基本申請承認フロー」が適用されます。

 

3. 承認者となる管理者を選択し、[登録]をクリックします。

 

4. 複数階層のフローを組む場合は、第2承認者、第3承認者…と続けて登録します。最大5階層まで登録できます。

※必ずしも複数階層の承認者を登録する必要はありません。

 

第1承認者、第2承認者、第3承認者を設定した場合の承認フロー
第1承認者に申請が上がる
→ 第1承認者が承認すると、第2承認者に申請が上がる
→ 第2承認者が承認すると、第3承認者に申請が上がる
→ 最終承認者である第3承認者が承認することで、承認完了となる

第1承認者、第2承認者が棄却すると棄却が決定され、次の階層の承認者に申請は上がりません。

 

5. 承認者の登録が終了したら、画面左上の[< 戻る]ボタンでフロー表示画面に戻ります。

 

ご注意
申請承認フローに登録されていない管理者は、申請の閲覧および承認はできません。これは「全権管理者」も例外ではありません。

 

画面上部に戻る

 

同レベルに複数の承認者を設定する方法

同レベルに複数の承認者を設定することもできます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

申請内容によって承認者を分ける方法

「スケジュール申請用のフロー」、「打刻申請用のフロー」など、申請種別ごとにフローを作成することもできます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

【補足1】基本申請承認フロー設定とは

「所属別申請承認フロー設定」の上に、「基本申請承認フロー設定」があります。

image-6.png

 

「基本申請承認フロー設定」は初期状態では、admin全権管理者が第1承認者に設定されています。「所属別申請承認フロー設定」にてフローが設定されていない所属が存在する場合、その所属の申請は、「基本申請承認フロー設定」の承認者に申請があがります。

 

画面上部に戻る

 

【補足2】申請 / 承認時にメール通知する方法

従業員が申請 / 申請キャンセルをしたタイミングで管理者にメール通知できます。また、管理者が申請を承認 / 棄却をしたタイミングで従業員にメール通知できます。これらの設定方法はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
18人中14人がこの記事が役に立ったと言っています