【変形労働】所定外時間(法定内残業時間)の計算方法

変形労働を設定している場合に、「スケジュール時間」の超過分を「所定外時間」または「深夜所定外時間」として計上するための設定方法を解説します。

 

スケジュール時間とは

出勤/退勤予定などで定められた労働予定時間です。詳しくはこちら

 

前提

事前に変形労働設定機能がオンになっていることが前提です。

 

1. 設定 > その他 > オプション を開きます。

 

2. 勤怠管理設定カテゴリの「変形労働設定機能」で「使用する」を選択して登録します。

2022-11-30_15h05_511.png

 

設定方法

1. 設定 > 従業員 > 雇用区分設定 を開き、対象区分の[編集]をクリックします。

 

2. 働き方カテゴリの「労働時間」で、「変形労働時間制」を選択します。

image_248.png

 

3. 「手動設定(フレックスその他)」を選択し、[変形労働設定]をクリックします。

image_249.png

 

4. 変形労働設定画面が表示されますので、共通カテゴリ内を設定します。「利用単位」にて、週の基準時間を設定する場合は「週単位」に、月の基準時間を設定する場合は「月単位」にチェックをつけます。

2023-08-18_17h32_29.png

 

5. 週単位カテゴリおよび月単位カテゴリの「基準時間」にて「◯時間◯分を超過した勤務については、残業としてカウントする」にチェックをつけ、基準時間を入力します。

 

「スケジュール時間を超過した勤務については、残業としてカウントする」にもチェックをつけます。

2022-02-10_13h57_16.png

 

6. 3つのラジオボタン(以下A、B、C)が表示されますので、【B】 または【C】のいずれかを選択します。

2022-02-10_14h07_51.png

 

  項目名 説明
A スケジュール時間超過で残業とする 入力された基準時間は無視し、スケジュール超過で残業とします。ただし、該当期間にスケジュールが登録されていない場合は基準時間が参照されます。
B 基準時間未満のスケジュールの場合、基準時間超過で残業とする
基準時間以上のスケジュールの場合、スケジュール時間超過で残業とする

基準時間とスケジュール時間を比較し、値が大きい方の時間を超過することで残業となります。

image-1-1.png

image-1-2.png

C 基準時間未満のスケジュールの場合、スケジュール時間超過で残業とする
基準時間以上のスケジュールの場合、基準時間超過で残業とする

基準時間とスケジュール時間を比較し、値が小さい方の時間を超過することで残業となります。

image-3-1.png

image-3-2.png

 

7. 上記で【B】または【C】を選択すると、「基準時間までは所定外としてカウントする」がチェックできるようになりますので、チェックをつけます。

※【A】を選択した場合はチェックできません。

2022-02-10_15h20_44.png

 

これによって、スケジュール時間が基準時間より小さい場合は、スケジュール時間超過分が所定外時間に、基準時間超過分が残業時間となります。

image-5.png

 

なお、スケジュール時間が基準時間より大きい場合は、所定外時間は計上されません。この場合の残業時間は、【B】ではスケジュール時間超過分が残業、【C】では基準時間超過分が残業として計上されます。

 

補足

変形労働設定の、その他の設定項目についてはこちらをご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています