在社時間(拘束時間)の確認方法 / 計算仕様

在社時間は、カスタムデータ項目設定を利用することで確認、出力できます。

 

ご注意

設定 > 画面表示内 に[カスタムデータ項目設定]が表示されていない場合は、サポートセンターへ「カスタム表示の設定機能」の追加をご依頼ください。

 

目次

 

在社時間の設定方法

1. 設定 > 画面表示 > カスタムデータ項目設定 を開きます。

 

2. [日別]タブ、または[月別]タブを開き、[+新規作成]をクリックします。

 

3. 以下のように入力します。

2023-08-10_10h52_40_2.png

 

番号 項目名 説明
1 カスタム表示コード 任意のコードを入力します。
2 カスタム表示名 任意の名称を入力します(「在社時間」など)。
3 計算単位 「時間」を選択します。

 

4. 「追加する項目の選択」にて、「在社時間」の「+」にチェックを入れて、[登録]をクリックします。

 

画面上部に戻る

 

在社時間の確認方法

作成したカスタムデータ項目は、以下の画面で閲覧できます。

  • 月別データ > [通常(カスタム)]タブ
  • 日別データ > [通常(カスタム)]タブ
  • タイムカード > [タイムカードカスタム]タブ

 

画面上部に戻る

 

在社時間の出力方法

事前にカスタムデータ項目が作成されていることが前提です。本記事の「在社時間の設定方法」を参考に、カスタムデータ項目「在社時間」を作成してください。

 

その後、こちらの記事を参考に、データ出力してください。

 

画面上部に戻る

 

在社時間の計算仕様

出勤打刻から退勤打刻までの時間を在社時間として集計します。

 

補足

 

<例>

以下のように勤務した場合、

  • 出勤打刻 8:50
  • 退勤打刻 17:20

在社時間は、8:50(出勤打刻)から17:20(退勤打刻)となり、8時間30分が計上されます。

※雇用区分設定やスケジュールなどは集計に影響しません。

23998913890329.png

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています