【デスクトップ版タイムレコーダー】新しいPCへのインストール方法

Windowsデスクトップ版タイムレコーダーをインストールする手順を解説します。

 

事前設定として、管理画面からインストール対象のPCに、「タイムレコーダーURLのお知らせ」をメール送信します。「タイムレコーダーURLのお知らせ」がすでに届いている場合は、本記事の「タイムレコーダーセットアップ以降をご参照ください。

 

目次

 

事前設定

「タイムレコーダーURLのお知らせ」を、インストール対象のPCにメール送信します。

※全権管理者、または「所属・タイムレコーダーの設定」権限が「△閲覧のみ」以上の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 組織 > タイムレコーダー設定 を開き、タイムレコーダーを設定したい所属の[編集]をクリックします。

2023-02-14_11h21_23.png

 

2. 動作設定カテゴリ内の「認証デバイス」を選択し、[登録]をクリックします。

2023-02-14_11h23_07.png

 

補足:「基本のタイムレコーダー設定に従う」とは? 
「認証デバイス」が「基本のタイムレコーダー設定に従う」になっている場合は、基本タイムレコーダー設定の認証デバイスと同じ設定が適用されます。
2023-02-14_11h24_15.png

 

3. タイムレコーダーを設定したい所属の[その他(≡)]をクリックし、[タイムレコーダーURL送信]を選択します。

2023-02-14_11h27_23.png

 

4. タイムレコーダーURL送信画面が表示されます。「送信先(必須)」にメールアドレスを入力して[メール送信]をクリックします。これによって、PDFマニュアルのURLと、タイムレコーダー設定情報が送信されます。

※インストール対象のPCで管理画面を開いている場合は、メール送信せずに、各URLをインターネットブラウザのアドレスバーへコピー&ペーストしてアクセスしても問題ありません。

2023-02-14_11h42_28.png

 

補足:「送信先」に自動入力されるアドレス
「送信先(必須)」にメールアドレスが自動入力される場合があります。設定 > 管理者 > 管理者設定 > 対象者の[編集] > 所属管理権限カテゴリ にて、対象所属に対し、1つ以上の権限が付与されている場合に、その管理者のメールアドレスが自動的に入力されます。

 

5. 送信確認が表示されますので、[メール送信]をクリックします。

2023-02-14_11h34_18.png

 

6. 送信完了画面が表示され、送信完了となります。

※送信元メールアドレスは「no_reply@kingtime.jp」です。

2023-02-14_11h44_37.png

 

画面上部に戻る

 

タイムレコーダーセットアップ

メール送信された、「タイムレコーダーURLのお知らせ」の中には、PDFマニュアルのURLが記載されています。PDFマニュアルを確認しながら、セットアップを進めてください。

2023-02-14_11h37_54.png

以下に、セットアップの大まかな手順を解説します(詳しくはPDFマニュアルをご参照ください)

※インストール操作は、管理者権限で実行する必要があります。

 

【ステップ1】認証ソフトウェアをインストール

認証リーダーを接続して利用する場合は、認証ソフトウェアをインストールします。メールに記載された【ステップ1】のURLをインターネットブラウザのアドレスバーへコピー&ペーストしてアクセスします。インストーラーがダウンロードされますので実行します。

※パスワード認証をセットアップする場合は、認証ソフトウェアのインストールは不要です。

image-9.png

 

【ステップ2】タイムレコーダーアプリケーションをインストール 

タイムレコーダーアプリケーションをインストール します。メールに記載された【ステップ2】のURLをインターネットブラウザのアドレスバーへコピー&ペーストしてアクセスします。インストーラーがダウンロードされますので実行します。  

 

【ステップ3】接続文字列

インストールしたタイムレコーダーアプリケーションを起動すると、接続文字列の入力画面が表示されます。メールに記載された接続文字列をコピーし、入力欄にペーストします。

2023-02-14_11h48_51.png

 

 ↓↓↓

2023-02-14_11h47_30.png

 

【ステップ4】証明書

1. メールに記載された「証明書表示URL」をインターネットブラウザのアドレスバーへコピー&ペーストしてアクセスします。

※セキュリティの関係上、証明書はメール内には直接記載されません。証明書表示URLをブラウザで開くことで確認可能です。

※証明書URLの有効期間は、管理者が「タイムレコーダーURL 送信」のメール作成を開始した後48時間以内です。

2023-02-14_11h50_29.png

 

補足
管理者の場合、タイムレコーダーURL送信画面上部の[証明書表示]からも証明書を確認できます。

 

2. 証明書表示画面が表示されます。[証明書をコピー]をクリックします。証明書がコピーされます。

2023-02-14_11h54_09.png

 

3. タイムレコーダーアプリケーションの証明書入力欄に、証明書をペーストして[保存]をクリックします。

2023-02-14_11h55_57.png

 

4. 「接続文字列が登録されました」と表示されたら、セットアップ完了です。

2023-02-14_11h57_36.png 

 

認証情報の登録

認証リーダーを利用する場合は、生体認証情報やICカード情報の登録が必要です。詳細は各PDFマニュアルをご確認ください。

※パスワード認証の場合は、認証情報の登録は不要です。

 

補足
すでに貴社内でタイムレコーダーを利用しており、新しくインストールしたタイムレコーダーでも同じ認証デバイスを選択した場合は、生体認証情報や、ICカード情報を再登録する必要はありません。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
22人中12人がこの記事が役に立ったと言っています