【タイムレコーダー】退職者のICカードを再利用する方法

退職者のICカード情報を削除することで、別の従業員のカードとして新たに登録できるようになります。

※全権管理者、または「従業員設定」権限が「◯ 閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 従業員 > 従業員設定 を開き、該当者の [編集]をクリックします。

 

2. タイムレコーダー情報カテゴリ > IC登録状態 にて、[IC登録削除]をクリックします。

 

3. 確認画面が表示されますので、[削除]をクリックします。

 

4. タイムレコーダーと管理画面の情報を同期します。

同期方法

タイムレコーダーごとに異なります。

 

Windowsデスクトップ版タイムレコーダー
2時間おきに自動で同期します。手動で同期するときは、タイムレコーダー右上の[設定]より[データ更新]をクリックします。
※8:00~10:00および17:00~19:00には自動データ更新を実施しません。

 

BT-2500 / BT-2000
1日1回、自動で同期します(4:00頃)。手動で同期するときは、タイムレコーダーの管理者モード画面を開き、データ管理 > [データコピー] をタップします。

 

Pit-21A
端末の再起動や、1時間に1回の自動更新で同期します。手動で同期するときは、Pit-21Aの[設定] > [データ更新]をタップします。

 

ピットタッチ・プロ / ピットタッチ・ビズ
同期の必要はありません。

 

5. 新たな従業員にICカード情報を登録します。

ICカードの登録方法

タイムレコーダーごとに異なります。


Windowsデスクトップ版タイムレコーダー / ピットタッチ・プロ / ピットタッチ・ビズ

こちらの記事をご参照ください。

 

BT-2500 / BT-2000

こちらよりマニュアルをダウンロードし、ご参照ください。

 

Pit-21A

こちらよりマニュアルをダウンロードし、ご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
15人中8人がこの記事が役に立ったと言っています