日8時間および週40時間超過の残業集計方法

「残業開始時間」を設定することで、日で8時間を超過した労働を残業時間に集計できます。「週の法定労働時間」を設定することで、週で40時間を超過した労働を残業時間に集計できます。

 

目次

 

設定方法

※全権管理者、または「雇用区分設定」権限が「◯ 閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 従業員 > 雇用区分設定 を開き、対象雇用区分の[編集]をクリックします。

 

2. 日の時間外集計カテゴリ内の「残業開始時間」で「8時間0分間を超過した勤務については、残業としてカウントする」 と設定します。

 

補足

「残業開始時間」項目の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

3. 週の時間外集計カテゴリ内の「週の法定労働時間」で「40時間0分間を超過した勤務については、残業としてカウントする」 と設定します。

 

補足

「週の法定労働時間」項目の設定方法と計算方法は、こちらの記事をご参照ください。

 

4. [登録]をクリックします。

 

画面上部に戻る

 

残業集計の確認方法

タイムカード画面で日別の残業集計、週別の残業集計を確認する方法について、説明します。

 

日別の残業集計

タイムカード画面「日別データ」欄の「残業」または「深夜残業」で確認します。

2023-02-22_14h13_41.png

 

日別の残業集計だけの月の合計値を確認したい場合

月別データ欄には、日別、週別、月別の残業集計の合計値が表示されます。日別の残業時間だけの合計を確認したい場合は、「カスタムデータ項目」の作成が必要です。この際、「追加する項目の選択」にて、「残業時間」の「+」欄、「週の残業時間」の「-」欄にチェックを入れてください。

 

カスタムデータ項目「残業時間(日別合計)」の作成手順

1. 設定 > 画面表示 > カスタムデータ項目設定の[月別]タブを開き、[+新規作成]をクリックします。

 

2. 任意のカスタム表示コード、カスタム表示名を入力し、「計算単位:時間」を選択します。

2023-02-22_13h56_03_2.png

 

3. 「追加する項目の選択」にて、「残業時間」の「+」欄、「週の残業時間」の「-」欄にチェックを入れます。

2023-02-22_14h03_55.png

 

4. [登録]をクリックします。

 

カスタムデータ項目の確認方法

カスタムデータ項目は次の画面に表示されます。

 

・日別データ / 月別データ > [通常(カスタム)]タブ

2023-02-21_14h30_42.png

 

・タイムカード > [タイムカードカスタム]タブ

2023-02-21_14h29_16.png

 

※カスタムデータ項目での集計値はデフォルト状態では従業員画面には表示されません。表示させたい場合はサポートセンターへ「初期表示設定:カスタム勤怠一覧」への設定変更をご依頼ください。なお、従業員画面に表示されるのはデフォルト項目かカスタムデータ項目のどちらか一方だけです。「初期表示設定:カスタム勤怠一覧」に設定変更した場合、デフォルト項目は非表示になります。

 

画面上部に戻る

 

週別の残業集計

タイムカード画面上部の「表示条件の選択」欄で「オプション:週の集計」にチェックして[表示]すると、各週の末尾に「週の集計適用前」「適用後」行が追加されます。

2022-07-08_11h36_37.png

2023-02-22_14h29_20.png

 

項目名 説明
週の集計適用前 日別集計の週の合計値です。
適用後 日別集計に週別集計が加味された集計値です。上図の場合、日別集計で「所定」に計上されている44時間のうち、週40時間を超過した4時間が「所定」から減算され、「残業」に加算されています。

 

週別の残業集計だけの月の合計値を確認したい場合

週別の残業集計だけの月の合計値を確認したい場合は、「カスタムデータ項目」の作成が必要です。「日別の残業集計の月の合計値を確認したい場合」の手順と同様に作成します。この際、「追加する項目の選択」にて「週の残業時間」の「+」欄だけにチェックを入れます。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
14人中9人がこの記事が役に立ったと言っています