【タイムレコーダー】時刻の取得方法

タイムレコーダーの種類によって異なります。それぞれの時刻取得方法をご案内します。

 

なお、打刻データは基本的には即時サーバへ送信されますが、即時サーバ送信された打刻時刻はサーバ時刻で記録されますので、万一、タイムレコーダー側の時刻がずれていた場合でも正確な時刻で打刻されます。

 

デスクトップ版タイムレコーダー

こちらの記事をご参照ください。

 

iPad版タイムレコーダー(カメレオンコード / 顔認証)

iPad 版タイムレコーダーは、起動時と、約 60 分に 1 回のタイミングで、サーバとの通信により、ローカル端末打刻(LT)と、サーバ時刻(ST)の差分(DIT)を自動取得します。そのため、タイムレコーダー左下に表示される時計と受付履歴の時刻の計算式は、「ローカル端末打刻(LT) + 自動取得時の差分(DIT)」となります。

 

ピットタッチ・プロ

初期設定時に指定した「NTPサーバ」と同期をとって表示されています。

 

端末起動後にNTPサーバに接続し、時刻が設定されます。以降、24時間ごとにNTPサーバに時刻を問い合わせます。NTPサーバへの接続に失敗した場合は、60分経過後に再度問い合わせます。

 

起動後、最初の接続に失敗した場合のみ、1分、3分、5分、10分、30分、60分、以降60分の間隔で再度問い合わせを行います。通信モジュールや無線LANモジュールでネットワークを利用している場合、起動直後はNTPサーバに接続できないことがあります。

 

BT-2500

時刻設定は、端末に保持されています。

 

ネットワーク接続時

1日1回、自動で端末に設定された「NTPサーバ」と時刻同期を行います。

 

ネットワーク未接続時

「NTPサーバ」と時刻同期ができないため、保持された時刻がずれていきます。1日1回(もしくは時刻のずれを確認した際に)、手動で時刻調整いただく必要があります。

 

Pit-21A

初期設定時に指定した「NTPサーバ」と同期をとって表示されています。

 

Myレコーダー / スマートフォンアプリ / クラウドレコーダー / 携帯ブラウザレコーダー

使用している端末(PC、スマートフォン、タブレット)の時刻を取得し表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています