【時間休】最大取得可能日数や取得単位時間の変更方法

時間休の最大取得可能日数や、取得単位時間の変更方法を解説します。

 

目次

 

最大取得可能日数の変更

減算タイプの休暇には、時間休として取得できる1年間の上限日数を設定および変更できます。

 

変更方法

1. 設定 > スケジュール > 休暇区分設定 を開き、対象区分の[編集]をクリックします。

 

2. 「時間単位休暇」項目を変更して登録します。

013102.png

 

使用する:

付与された休暇のすべてを、時間単位で取得できます。

 

使用する(最大1~5日分):

時間単位の休暇として取得できる、1年間の上限日数を設定します。

※減算タイプの休暇だけに表示されます。

 

ご注意
時間休の取得データが存在する場合は、お客様の操作画面では変更できません。サポートセンターへお問い合わせください。

 

結果

例えば、以下のように設定されている場合、

  • 時間単位休暇:使用する(最大5日分)
  • 日の契約労働時間:8時間

1年間で時間休として取得できるのは、40時間までとなります。

 

1年間に40時間を超えて時間休を取得しようとすると、休暇残数不足エラーになります。

※1年間の起算日がいつになるかは設定状況によって変わります。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

時間休の取得可能上限に達していないのに休暇残数不足エラーが出る場合
ご利用環境によっては、半休取得で生じた半日(0.5日)の休暇残日数を時間休として取得できない場合があります。時間休の取得可能上限に到達していないのに、時間休の休暇残数不足エラーが出る場合は、こちらの記事をご確認ください。

 

画面上部に戻る

 

取得時間単位の変更

時間休を1回につき何時間ずつ取得するか、取得時間単位の設定が可能です。

 

変更方法

1. 設定 > 従業員 > 雇用区分設定 を開き、該当区分の[編集]をクリックします。

 

2. 休暇関連カテゴリの[詳細]を展開し、「時間休暇の取得時間単位」を設定します。「1分」「15分」「30分」「1時間」「2時間」「3時間」「4時間」のいずれかを選択できます。

※有休の場合は分単位を設定できません。

2023-02-10_17h00_12.png

 

3. [登録]をクリックします。

 

結果

例えば、以下のように設定されている場合、

  • 時間休暇の取得時間単位:2時間
  • 日の契約労働時間:8時間

1度に取得できるのは、2時間、4時間、6時間、8時間のいずれかとなります。

 

勤務データ編集にて1時間だけ取得しようとすると、下図のエラーになります。

image-7.png

 

関連記事
【時間休】分単位で休暇を取得する設定方法

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
5人中3人がこの記事が役に立ったと言っています