給与ソフト「PCA給与DX」との連携方法(CSV連携)

以下の設定方法をご確認いただき、連携を行ってください。

 

ご注意

PCA給与では項目名と項目に紐づくルール(割増率を×1.5⇒×0.25に変更など)を変更できますが、本記事ではデフォルトの設定内容を記載しております。

 

機能概要

KING OF TIMEから勤怠情報をCSVデータで出力し、PCA給与にインポートすることで連携できます。連携した情報をもとに、給与計算を行います。

 

事前準備

KING OF TIMEから出力するため、連携項目を含む出力レイアウトを作成します。

 

1. KING OF TIME ログイン > よく使うメニュー「エクスポート/インポート」 > 月別データ「出力レイアウト作成」  > 「新規作成」をクリックします。

1.png

 

2. レイアウト名「PCA給与DX連携用」など、任意の名称を設定します。

092708.png

 

3. 「表示項目」で出力項目を選択します。

下記「連携項目」の「KING OF TIME」列の項目を選択し、[登録]します。

※PCA給与にインポートする項目、順序は定められています。同じ項目、順序で選択してください。

※「--空白--」も同じ数選択してください。

 

連携項目

PCA給与 割増率 KING OF TIME

備考

社員コード      従業員コード  
要勤務日数      --空白-- 勤務予定日数です。PCA給与で設定するため、KING OF TIMEでは設定不要です。
要勤務時間      --空白-- 勤務予定時間です。PCA給与で設定するため、KING OF TIMEでは設定不要です。
出勤日数      総出勤日数  
出勤時間      所定時間  
事故欠勤日数      欠勤取得日数  
病気欠勤日数   --空白--  
代休特休日数   代休取得日数  
休日出勤日数   法定休日出勤日数+法定外休日出勤日数 「月別データカスタム項目」機能を使用し、1つの項目として合算してください。(※3
有休消化日数   --空白--  
有休残日数   --空白--  
残業平日普通 125% 残業時間(+所定外) 所定外の割増率が異なる場合は、項目を分けてください。(※1
残業平日深夜 150% 深夜残業時間(+深夜所定外) 深夜所定外の割増率が異なる場合は項目を分けてください。(※2
残業休日普通 125%

法定外休日残業時間

+法定外休日所定

+法定外休日所定外

「月別データカスタム項目」機能を使用し、1つの項目として合算してください。(※3
「法定外休日~時間」が表示されていない場合、勤怠項目設定統一機能の追加が必要です。
残業休日深夜 150%

法定外休日深夜残業時間       

+法定外休日深夜所定

+法定外休日深夜所定外

「月別データカスタム項目」機能を使用し、1つの項目として合算してください。(※3
「法定外休日~時間」が表示されていない場合、勤怠項目設定統一機能の追加が必要です。
残業法定休日 135% 法定休日残業時間
+法定休日所定
+法定休日所定外
「月別データカスタム項目」機能を使用し、1つの項目として合算してください。(※3
「法定休日~時間」が表示されていない場合、勤怠項目設定統一機能の追加が必要です。
残業法定深夜 160% 法定休日深夜残業時間
+法定休日深夜所定時間
+法定休日深夜所定外時間
「月別データカスタム項目」機能を使用し、1つの項目として合算してください。(※3
「法定外休日~時間」が表示されていない場合、勤怠項目設定統一機能の追加が必要です。
遅刻早退回数   遅刻早退回数  
遅刻早退時間   遅刻早退時間  
有休日数消化   有休取得日数  
有休時間消化   有休時間休取得時間  
有休日数残   有休残日数  
有休時間残   有休残時間  
有休可能時間   --空白--  
残業平日普通45下 125% --空白--  
残業平日普通45超 125% 割増残業時間 割増残業機能を利用しない場合は「--空白--」を設定してください。
残業平日普通60超  150% 割増残業時間2 割増残業機能を利用しない場合は「--空白--」を設定してください。
残業平日普通代休 125% --空白--  
残業平日深夜45下  150% --空白--  
残業平日深夜45超  150% 割増深夜残業時間 割増残業機能を利用しない場合は「--空白--」を設定してください。
残業平日深夜60超 175% 割増深夜残業時間2 割増残業機能を利用しない場合は「--空白--」を設定してください。
残業平日深夜代休 150% --空白--  
残業休日普通45下   --空白--  
残業休日普45超 125% --空白--  
残業休日普通60超 150% --空白--  
残業休日普通代休 125% --空白--  
残業休日深夜45下   --空白--  
残業休日深夜45超     150% --空白--  
残業休日深夜60超     175% --空白--  
残業休日深夜代休    150% --空白--  
勤怠自由時間1~10      --空白--  
勤怠自由数値1~10      --空白--  
回数1~30   --空白--  

 

※1
「所定外」の割増率が125%の場合は「残業時間」と、割増率が100%の場合は「所定時間」と合算して出力してください。合算方法は、こちらをご参照ください。「残業時間」や「所定時間」とは別に給与計算する場合、「勤怠自由時間1~10」など、PCA給与側のインポート項目と一致する順序で出力してください。


※2
「深夜所定外」の割増率が150%の場合は「深夜残業時間」と合算して出力してください。合算方法は、こちらをご参照ください。「深夜残業時間」と別に給与計算する場合、「勤怠自由時間1~10」など、PCA給与側のインポート項目と一致する順序で出力してください。

 

3
合算方法は、こちらをご参照ください。

 

※ 4

「法定外休日~時間」、「法定休日~時間」が表示されず、「休日~時間」という項目のみ表示されている場合は、こちらをご参照ください。

 

連携のための初期設定

1. KING OF TIME ログイン > よく使うメニュー「エクスポート/インポート」 > [月別データ出力] をクリックします。

3.png

 

2. 出力対象年月、出力レイアウト、出力対象従業員を選択し、[データ出力] > 確認画面で[データ出力]をクリックします。

月別データ出力確認画面で「時間の区切り文字」を「:コロン」を選択し[データ出力]をクリックします。

出力レイアウトは、「事前準備」で作成したレイアウトを選択してください。

 

ご注意

時間の区切り文字を「:(コロン)」に変更し出力したCSVファイルをエクセルで開くと、エクセルの仕様で時刻の表示形式が変わることがあります。 コロンで出力したデータを確認・編集する際は、出力したCSVファイルを「メモ帳」で開き、編集することをおすすめします。 PCA給与DXの時間項目の形式は「99:59」です。 エクセルで編集した場合、セルの書式設定により「[h]:mm:ss」と秒数まで表示されている場合は、そのまま取り込むとエラーになります。秒数部分は必ず削除してください。

 

img001.png

 

3. PCA給与DX  > メインカテゴリ「随時」 > [汎用データの受入]をクリックします。

7.png

 

4. 取り込むCSVデータや給与月などの選択をします。

(1)「分散データ」を選択します。

(2)「給与勤怠データ」を選択します。

(3)KING OF TIME から出力したCSVデータを選択します。

(4)支給月に対応する支給月分を選択ください。

(5)上記4つを選択後、[実行]します。

image_03.png

 

5. ポップアップの確認画面が2つ表示されるので、[はい]をクリックします。

9.png

 

6. 「汎用データの転送」画面が表示されるので、[転送]をクリックします。

10.png

 

7. 転送が完了したら[閉じる]をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています