【タイムレコーダー】タイムレコーダー端末を紛失した場合の、「証明書」の更新方法

タイムレコーダー端末を紛失してしまった場合は、管理画面からの操作で「証明書」を更新することを推奨します。証明書を更新すると、新しい証明書をタイムレコーダーに設定するまで、該当タイムレコーダーは起動できなくなります。これによって、不正打刻や個人情報流出の抑止につながります。

 

証明書に対応するタイムレコーダーは以下の通りです。

 

証明書を使用するタイムレコーダー

  • デスクトップ版タイムレコーダー
  • iPad版タイムレコーダー
  • クラウドレコーダー
  • BT-2500 / BT-2000 ※納品前にサポートセンターで設定

 

補足
証明書の役割や、確認方法は、こちらの記事をご参照ください。

 

証明書の更新方法

証明書の更新手順を解説します。

※全権管理者、または「所属 / タイムレコーダー設定」権限が「△閲覧のみ」以上の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 組織 > タイムレコーダー設定 を開き、所属別タイムレコーダー設定の、その他[≡]から、[タイムレコーダーURL送信]を選択します。

image-1.png

 

2. 画面上部の[証明書表示]をクリックします。
2022-06-23_16h11_49.png

3. 確認項目をすべてお読みください。問題なければチェックを入れ、[新しい証明書に更新]をクリックします。

2022-06-27_11h13_54.png

 

4. 最終確認メッセージが表示されますので、[更新する]をクリックします。

2022-06-27_11h31_12.png

 

更新結果

デスクトップ版タイムレコーダーの場合

1. 該当のタイムレコーダーを起動しようとすると、「証明書が正しくありません」というエラーメッセージが表示されます。

2022-06-27_11h34_17.png

 

2. [OK]をクリックすると、証明書の入力画面になります。新しい証明書を入力して[保存する]をクリックすると、タイムレコーダーを起動できます。

※接続文字列は、以前のものが入力された状態になっています。

2022-06-27_11h34_35.png

 

iPad版タイムレコーダーの場合

1. 該当のタイムレコーダーを起動しようとすると、「証明書エラー」が表示されます。

IMG-4938.PNG

 

2. [OK]をクリックすると、証明書の入力画面になります。新しい証明書を入力して[保存する]をクリックすると、タイムレコーダーを起動できます。

※接続文字列は、以前のものが入力された状態になっています。

IMG-4939.PNG

 

クラウドレコーダーの場合

タイムレコーダーURLにアクセスすると、「証明書が更新されました。新しい証明書を入力してください。」というメッセージが表示されます。

 

入力欄に新しい証明書を入力し、[OK]をクリックすると、タイムレコーダーを起動できます。

2022-06-27_12h20_28.png

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています