半休 / 時間休と重複する労働時間の計上有無の設定方法(休暇取得方法「休暇区分使用」)

※休暇取得方法「休暇区分使用」のお客様へのご案内です。

半休や時間休の間に労働し、実労働時間と休暇みなし勤務時間が重複した場合、以下のように計上方法を選択できます。以下に具体的な集計例も記載しています。

  • 実労働時間と休暇みなし勤務時間の両方を計上する
  • 休暇みなし勤務時間のみ計上する

 

ポイント

  • 2023年2月8日以降にご利用開始の場合は、内部設定の初期値が以下のように設定されています。
    • 半休と実労働時間の2重計算:使用する
    • 時間休と実労働時間の2重計算:使用する
  • 実労働時間と休暇みなし勤務時間の両方を計上する場合、サポートセンターへ「半休と実労働時間の2重計算」「時間休と実労働時間の2重計算」のいずれか、あるいは両方を使用するに変更するようご依頼ください。

ご注意

休暇みなし勤務時間のみ計上する場合は「使用しない」である必要があります。サポートセンターへ変更をご依頼ください。ただし、この変更はすべての休暇区分に影響します。

 

時間休17時~18時の日に17時20分まで残業した場合の集計例

 

image_090.png

 

実労働時間と休暇みなし勤務時間の両方を計上する

時間休の間の実労働時間20分は「残業」として計上されます。

2023-01-11_17h29_54.png

 

休暇みなし勤務時間のみ計上する

時間休の間の実労働時間20分はカットされます。

2023-01-11_17h29_04.png

 

目次

 

設定方法

冒頭で解説した内部設定に加え、休暇取得時にみなし勤務時間を計上する設定が必要です。詳細についてはこちらをご参照ください。

 

現在の設定の確認方法

現在「実労働時間と休暇みなし勤務時間の両方を計上する」設定かどうかは、アカウントの発行時期や休暇取得方法「休暇区分使用」への移行時期により異なります。勤務データ編集画面の[計算手順の表示]にて、現在の設定を確認可能です。

 

1. 次のいずれかの方法で勤務データ編集画面を開きます。

  • 日別データ >[表示]> 対象者の[編集]
  • 月別データ >[表示]> 対象者の[タイムカード]> 対象日の[編集]
  • 従業員検索 >[検索]> 対象者の[タイムカード]> 対象日の[編集]
  • スケジュール管理 > 対象者の[タイムカード]> 対象日の[編集]

 

2. 画面下部「時間計算結果」の右にある[計算手順の表示]をクリックします。

2023-02-22_13h08_35.png

 

ご注意

該当日がエラー勤務になっている場合は、[計算手順の表示]が表示されません。エラー勤務の解消後にご確認ください。

 

3. 時間計算結果の計算手順が表示されます。次の計算手順を確認します。

 

半休

「企業設定:半休と実労働時間の2重計算」を確認します。

  • 使用する:実労働時間と休暇みなし勤務時間の両方を計上します。
  • 使用しない:休暇みなし勤務時間のみ計上します。

2023-02-22_13h24_42.png

 

時間休

「企業設定:時間休と実労働時間の2重計算」を確認します。

  • 使用する:実労働時間と休暇みなし勤務時間の両方を計上します。
  • 使用しない:休暇みなし勤務時間のみ計上します。

2023-02-22_13h23_15.png

 

画面上部に戻る

 

時間休中の実労働時間を計上する場合の注意事項(中抜けの場合)

中抜けの時間休中の実労働時間を計上する場合は、実際に時間休を開始した時刻に「退勤打刻」、時間休を終了した時刻に「出勤打刻」が必要です。

mceclip0.png

この記事は役に立ちましたか?
5人中5人がこの記事が役に立ったと言っています