アラート通知対象になる条件

アラート通知」の、通知対象になる条件を解説します。

 

通知機能の仕様

  • 通知タイミング設定で設定された時刻に「通知対象データ」が存在する場合に通知が行われます。
  • 「通知対象データ」が作成されるのは、「サマリデータ」が作成されたタイミングになります。

 

「サマリデータ」とは
「サマリデータ」とは、月ごとに集計された所定、所定外、残業などの勤怠データを指します。

 

「通知対象データ」が作成される条件

次の (1)または(2)の後に「サマリデータ」が作成(再作成)され、かつ、アラート条件に合致すると「通知対象データ」が作成されます。

 

(1)勤怠データに変更 または 集計範囲に変更がある場合

  • 勤怠データ編集や申請承認(「備考」など、勤怠実績に関係ない部分だけを変更したケースも含む)
  • 設定 > その他 > オプション にて、「月の表示範囲」を変更
  • インポート機能で勤怠データを変更
  • 設定 > その他 > 勤怠データ再計算 にて、勤怠データ再計算を実行

  • 従業員の退職日を入力

 

(2)アラートの設定自体を変更した場合

 

「サマリデータ」が作成されるタイミング

(1)管理画面からの操作で意図的に行えるもの

設定 > その他 > 勤怠データ再計算 にて、勤怠データ再計算を実行

 

(2)システムで自動的に行われるもの

  • 月別データの画面を表示したとき ※サマリデータが存在しない場合
  • タイムカード画面を表示したとき ※サマリデータが存在しない場合
  • 夜間の定例バッチ ※サマリデータが存在しない場合

など

 

※(2)はシステムが必要なタイミングでのデータ削除と再計算を行っており、全てのパターンをあげることができません。

※ アラート通知が出る場合・出ない場合の

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています