「休暇詳細」の取得履歴で、取得した覚えのない半休や時間休が表示されるのはなぜですか?

休暇詳細画面の「休暇支給 / 取得履歴」に、取得した覚えのない半休や時間休が表示されることがあります。その原因について解説します。

 

原因

前年度から繰り越された休暇の残数が少ない状態で、その残数を超える休暇を取得したことが原因です。

 

例1:前年度繰り越し有休の残数が0.5日の状態で、有休を1日取得した

前年度から繰り越された有休の残数が0.5日の状態で有休を1日取得した場合、付与日によって取得履歴が「0.5日」と「0.5日」に分かれて表示されるため、半休を取得したと同様の表示となります。

 

2023/02/01(水)に有休を1日取得しています。

2023-02-08_17h55_08.png

 

休暇詳細画面では、「取得日:2023/02/01(水)」の取得履歴が、次のように分かれて表示されます。

  • (A)2021/04/01付与日における0.5日の取得
  • (B)2022/04/01付与日における0.5日の取得

2023-02-08_18h08_14.png

 

例2:前年度繰り越し有休の残数が2時間の状態で、有休を1日取得した

日の契約労働時間が8時間である従業員が、前年度から繰り越された有休の残数が2時間の状態で有休を1日取得した場合、付与日によって取得履歴が「2時間」と「6時間」に分かれて表示されるため、時間休を取得したと同様の表示となります。

 

2023/02/01(水)に有休を1日取得しています。

2023-02-08_17h55_08.png

 

休暇詳細画面では、「取得日:2023/02/01(水)」の取得履歴が、次のように分かれて表示されます。

  • (A)2021/04/01付与日における2時間の取得
  • (B)2022/04/01付与日における6時間の取得

2023-02-08_18h01_54.png

 

現在取得可能な時間休数を確認したい場合

有休などの年間取得可能時間が定められている休暇について、現在取得可能な時間休数を確認したい場合は、休暇詳細画面の上部「取得可能な時間休暇(減算タイプ)」箇所をご確認ください。

 

例として下図の場合、「休暇支給 / 取得履歴」では取得時間が「2時間」「6時間」と表示されていますが、「取得可能な時間休暇(減算タイプ)」では、「現在の取得可能な時間休暇:40H」と表示されています。

2023-02-08_18h15_24.png

 

日の契約労働時間が8時間、有休の年間取得可能時間が5日の場合、有休時間休を40時間取得可能です。

「取得時間」に時間数が表示されていても、実際には時間休を取得しておらず、40時間まるまる取得可能であることが分かります。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています