「KING OF TIME データ分析」の機能紹介

KING OF TIME データ分析は、従業員の働き方を可視化することで、労務におけるリスクヘッジや生産性向上を意識づけるクラウド型のデータ分析システムです。KING OF TIME 勤怠管理をご利用のお客様であれば、追加料金無しでご利用いただけます。本システムの代表的な機能をご紹介します。

 

利用開始方法

本システムの利用を開始したい場合はこちらからお申し込みください。

 

時間外労働の把握

KING OF TIME 勤怠管理から自動で時間外労働時間を取得し、前年対比や所属・雇用区分別データをグラフ化します。

image_46.png

 

36協定基準での残業把握

36協定基準を超過するおそれがある、もしくは超えてしまった従業員の当月データを確認できます。

image_14.png

 

補足

基準を超過した場合などに、メール通知も可能です。

image_52.png

 

打刻時間と勤務実態の差分表示

PCの「ログオン・ログオフ」時間を自動記録し、勤怠打刻と実労働との乖離を可視化し、サービス残業などの実態を把握し過重労働を抑止します。

image_47.png


※KING OF TIME システムログとの連携利用が必要です。

 

労務管理の健全性診断

「総労働時間」「サービス残業時間」「離職」「休日日数」「有給休暇取得」の5つの項目で、労働管理の健全性を点数とレーダチャートで診断できます。

mceclip0.png

 

有給休暇管理

有給休暇の年5日取得義務に対して、取得が出来ていない従業員の一覧を表示し、取得すべき残日数や期日等を確認できます。また、有給休暇の取得率について全社での年間推移や所属・個人別での状況、年度内に有給休暇の残日数を失効する対象者も確認できます。

image_48.png

 

image_49.png

 

image_50.png

 

雇用動向の把握

年齢や性別など、従業員の属性に応じたデータ推移の確認・分析が可能です。また、在籍者と離職者の比較もできるため、早期に離職傾向をキャッチアップできます。

image_51.png

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています