端数の計算方法

各項目の端数の計算方法について、解説します。

 

目次

 

割増手当と不就労控除の端数計算

割増手当と不就労控除の端数処理は、KING OF TIME給与の 設定 > 計算式設定 での設定が、計算の最後に適用されます。次の場合の残業手当を例に説明します。

 

  • 割増賃金の計算基礎: 213,500円
  • 対象月の勤務日数: 21日
  • 1日の勤務時間: 7.5時間
  • 割増率:125%
  • 残業時間: 2.5時間

 

残業手当の計算結果

213,500円 ÷ 21 ÷ 7.5 × 1.25 × 2.50 = 4236.111...
計算の最後に「4236.111...」の端数を切り捨てて「4236」になります。

 

補足

次のような計算途中での端数処理はされません。

  • 213,500円 ÷ 21 ÷ 7.5 = 1355.555...→「1355.555...」の端数を切り捨てて「1355」になる
  • 1355 × 1.25 × 2.50 = 4234.375...→「4234.375...」の端数を切り捨てて「4234」になる

 

上記例で「1355」で計算したい場合は、次のように設定してください。

 

1. KING OF TIME 人事労務 > 企業情報 > 給与規定 > 支給項目タブ > [+給与の項目を追加]にて、割増単価用の項目を作成する

 

2. KING OF TIME 人事労務 > 従業員一覧 > 従業員情報画面 > 給与タブ にて、割増単価用の項目にチェックし、単価「1355」を入力する

 

3. KING OF TIME 給与 > 設定 > 計算式設定で次のように設定する

(割増単価用の項目) × 1.25 × 残業時間

 

「月の平均所定労働日数」「月の平均所定労働時間」の端数計算

「月の平均所定労働日数」「月の平均所定労働時間」では端数処理されません

 

補足

端数処理したい場合は、計算式設定の「数字」に端数処理後の値を設定してください。

例)「年の所定労働日数:245日」×「日の所定労働時間:8時間」÷ 12ヶ月 = 163.3333333
→端数を切り捨てて「163」としたい場合、計算式設定で次のように設定する

割増賃金の計算基礎 ÷ 163 × 残業時間

 

社会保険料の端数計算

社会保険料の端数は、計算の最後に「切り捨て」られます。詳細については以下をご参照ください。

保険料の計算方法について(外部サイト)

 

雇用保険の端数計算

雇用保険料の端数は、KING OF TIME人事労務の 企業情報 > 事業者情報 > 「労働保険」タブ > 保険料負担率カテゴリの「率による計算の端数処理」の選択が適用されます。詳細についてはこちらをご参照ください。

 

源泉徴収税額の端数計算

源泉徴収税額の端数は、10円未満が「四捨五入」されます。詳細については以下をご参照ください。

月額表の甲欄を適用する給与等に対する税額の電算機計算の特例について(外部資料)

 

補足:KING OF TIME 勤怠管理で計上された勤怠時間の端数処理

KING OF TIME 勤怠管理の時間表示形式が「10 進数」(1時間30分を 1.50 と表示)であるか「60進数」(1時間30分を 1.30 と表示)であるかにより、端数処理が異なります。

 

60進数の端数処理

時間表示形式が60進数の場合、KING OF TIME 勤怠管理にて取得した時間をKING OF TIME 給与側で10進数に変換し、端数処理せずに計算します。
ただし、「整数」「小数点以下」を含めて上限14桁までを参照して計算するため、15桁目を四捨五入します。

計算例

次の場合の「割増手当 残業」の計算例です。

  • 月額給与:
    350,000円

  • 平均所定労働時間(年間所定労働日数 × 日の契約労働時間 ÷ 12ヶ月):
    163.333333333333
    →163.3333333333(15桁目を四捨五入)...【A】

  • 残業時間:
    33時間19分
    →33時間 + (19分 ÷ 60分) = 0.316666666666667(分数を10進法に変換)
    →33.31666666667(15桁目を四捨五入)...【B】

  • KING OF TIME 給与の計算式設定:端数処理「切り上げ」...【C】

 

割増手当 残業 

= 割増賃金の計算基礎 ÷ 月の平均所定労働時間 × 1.25 × 残業時間

= 350,000 ÷ 【A】163.3333333333 × 1.25 × 【B】33.31666666667

= 89,242円【C】により切り上げ)

 

10進数の端数処理

時間表示形式が10進数の場合、KING OF TIME 給与側でも10進数で計算し、端数処理します。

 

計算例

次の場合の「割増手当 残業」の計算例です。

 

  • 月額給与:
    350,000円

  • 平均所定労働時間(年間所定労働日数 × 日の契約労働時間 ÷ 12ヶ月):
    163.333333333333
    →163.3333333333(15桁目を四捨五入)...【A】

  • 残業時間:
    33.32時間(60進数33時間19分相当)
    ※KING OF TIME 勤怠管理で「10進表示の際の小数第3位の取扱い」が「切上げ」であるとします。
    33時間 + (19分 ÷ 60分) = 0.316666666666667(分数を10進法に変換)
    →33.32(小数第3位を切り上げ)...【B】
  • KING OF TIME 給与の計算式設定:端数処理「切り上げ」...【C】

 

割増手当 残業 

= 割増賃金の計算基礎 ÷ 月の平均所定労働時間 × 1.25 × 残業時間

= 350,000 ÷ 【A】163.3333333333 × 1.25 × 【B】33.32

= 89,251円【C】により切り上げ)

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています