休暇区分設定の「加算」と「減算」の違い

設定は、以下の画面にて行ないます。

 

設定 > スケジュール > 休暇区分設定 > 該当休暇区分の[編集] > 基本情報カテゴリ > 「休暇取得による休暇数の計算方法」

※新規登録時以外、この項目を変更することはできません。

 

減算

 一般的に有給休暇の管理などに使用します。「付与日数」、「取得(消化)日数」、「残日数」を管理する場合に使用します。減算による休暇設定の詳細はこちらの記事をご確認ください。

 

減算による夏季休暇の例

7月~9月の3ヶ月間限定で使用できる休暇を全社員に2日間付与し、各自のタイミングでスケジュール申請させ、取得させる。

 

加算

「公休」など、「取得(消化)日数」のみを管理する場合に使用します。加算による休暇設定の詳細はこちらの記事をご確認ください。

※加算タイプの休暇には「残日数」が存在しないため、取得数に上限を設けることはできません。

 

加算による夏季休暇の例:

8月13日、14日、15日に「公休」を割り当てて、その3日間を全社の夏季休業日とする。

この記事は役に立ちましたか?
14人中9人がこの記事が役に立ったと言っています