【半休】有休+欠勤など、2つの休暇の半休を取得して1日休む場合の設定方法

半休を使用できる休暇区分を2つ用意し、該当日に割り当てます。事前設定と休暇の取得方法について解説します。

※例としてあげている休暇区分「有休」「欠勤」についてはデフォルトで準備されていますが、半休で使用できる設定になっているかは事前にご確認ください。

 

ご注意
休暇取得方法によって設定が異なります。以下2つの設定のいずれかを貴社の休暇取得方法に合わせてご利用ください。

休暇取得方法は、新方式:「休暇区分使用」と、旧方式:「パターン使用」の2種類があります。どちらの方法が適用されているかによって設定方法が変わりますので、こちらの記事を参考に貴社のご利用状況をご確認ください。

 

目次

 

休暇取得方法「休暇区分使用」の場合

半休が取得可能な休暇区分を2種類以上作成し、該当日の午前・午後に登録してください。

 

事前設定

設定方法

設定 > スケジュール > 休暇区分設定

上記の画面にて、該当の休暇区分が下記の様に設定されていることが条件です。

  • 「半休を使用する」と設定されていること
  • 休暇区分のみのスケジュール申請が「休暇区分のみの入力で申請可能」になっていること

example2.png

 

休暇の取得方法

上記で作成した休暇区分を休暇の取得日に登録してください。

 

1. 取得したい休暇区分でAM半休を選択後、[休暇追加]ボタンをクリックします。

mceclip1.png

 

2. 別の休暇区分でPM半休を選択すれば、それぞれから半日ずつ休暇を消化することができます。

mceclip0.png

 

画面上部に戻る

 

休暇取得方法「パターン使用」の場合

休暇を0.5日ずつ消化する休暇パターンを作成し、このパターンを該当日に登録してください。

 

事前設定

設定の条件

設定 > スケジュール > 休暇区分設定

mceclip2.png

上記の画面にて、該当の休暇区分が、「半休を使用する」と設定されていることが条件となります。

  

設定方法

1. 設定 > スケジュール > パターン設定 にて[新規登録]をクリックします。

 

2. 以下の情報を入力して登録してください。 

項目名 説明
パターンコード 任意
パターン名 任意
例)「有休0.5 / 欠勤0.5」など
スケジュール種別 「全日休暇」を選びます。
休暇単位 「全日(半日×2)」を選択します。
休暇区分 「午前」に割り当てる休暇区分と、「午後」に割り当てる休暇区分を、別々の休暇から選択して下さい。

午前午後が逆になっても特に取得結果には関係ありません。
例えば「有休」 と 「欠勤」 でパターンを作成する場合、下記の2通りの設定が行なえます。

・午前「有休」、午後「欠勤」
・午前「欠勤」、午後「有休」

どちらのパターンを使用しても、カウントは0.5日ずつなので、午前・午後を入れ替えたパターンを2つ作成する必要はありません。

mceclip3.png

 

休暇の取得方法

上記で作成したパターンを、休暇の取得日に登録してください。2種類の休暇を0.5日ずつ消化します。

mceclip4.png

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
12人中7人がこの記事が役に立ったと言っています