スケジュールパターンの表示順

スケジュールパターンは、原則としてパターンコードの昇順(小→大)に表示されます。若番ほど上に表示され、老番ほど下に表示されます。

 

スケジュールパターンの順番を変更したい場合

スケジュールパターンの順番を変更したい場合は、設定 > スケジュール > パターン設定 > 該当パターンの [編集] > 基本カテゴリを開き、以下の要領でパターンコードを修正してください。

 

数字の場合

数が小さいほど上位に表示されます。

「100」と「200」であれば、以下の表示順になります。

  • 100
  • 200

 

先頭から1文字ずつ大小の判定を行います。

「001」と「0001」であれば、以下の表示順になります。

  • 0001
  • 001

 

英字の場合

AからZの順に並びます。

「apple」と「banana」であれば、以下の表示順になります。

  • apple
  • banana

 

先頭から1文字ずつ昇順判定を行います。

「aab」と「aaab」であれば、以下の表示順になります。

  • aaab
  • aab

 

数字と英字が混在する場合

英字よりも数字の方が優先順位が高くなります。

「001」と「apple」であれば、以下の表示順になります。

  • 001
  • apple

 

パターンコードが未登録の場合

パターン名の先頭文字で昇順を判定します。英数字の場合は前述の解説の通りですが、漢字などの場合はJISコード順となります。

 

パターンコードが登録されているものは、未登録のものよりも優先順位が高くなります。パターンコードが未登録のものは常に下部側に配置されます。

  

【ご注意】旧方式の場合

古くから本システムをご利用のお客様の環境では、スケジュールパターンの表示順が旧方式「スケジュール種別順」となっており上記仕様と異なる場合があります。

 

旧方式:スケジュール種別順の仕様

パターンコード「通常 > みなし > 全日休暇」 パターンコード「通常 > みなし > 全日休暇」

※全日休暇パターンは休暇取得方法が「パターン使用」の場合のみ作成可能です。

 

ご注意

旧方式から新方式に切り替えたい場合は、サポートセンターに「スケジュールパターンの表示順」を「パターンコード順」に変更するようご依頼ください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています